facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

高松支部

【高松支部青年部】研修旅行2018 in 新潟「大地の芸術祭」参加報告

9月7日(金)~9日(日)に2泊3日で高松支部青年部研修旅行を行いました。

今年の研修旅行は、新潟県十日町市で開催されている「大地の芸術祭」に2泊3日で行ってきました。
例年ならば近県の有名建築等も見て廻るところですが、芸術祭の作品が広範囲に渡って展示されているので、滞在期間全てを作品鑑賞としました。
新潟県十日町市までは新幹線で移動し、滞在中はレンタカーで作品を見て廻りました。

作品は川西・十日町エリア、松代・松之山エリア、中里・津南エリアと1日ずつ廻って行きました。

まず、初日に作品よりも十日町の建物事情に驚きました。豪雪地域のためか、屋根勾配がかなりきつい上に、棟部分はさらに鋭角になっており、軒樋の吊子は垂木ごとに2ヶ所ずつついていました。また、住宅は3階建てが普通で1階部分が倉庫もしくは車庫になっており、2階部分に玄関・掃き出し窓がついていました。作品鑑賞中に知ったのですが、例年2~3mは積雪があるそうで、多いときは4m以上にもなるとのことです。
十日町の越後妻有里山現代美術館は建物全体を使った騙し絵があり驚きました。

いこて(十日町エリア).jpgキナーレ-1(十日町エリア).jpg







まつだい郷土資料館は作品だけでなく、建物の外観が某アニメを彷彿させ楽しめました。

能舞台(松代エリア).jpg花咲ける妻有(松代エリア).jpg星峠の棚田(松代エリア).jpg







中里の清津峡渓谷トンネルが芸術祭の中で一番楽しめました。日本三大渓谷といわれるだけあって、大自然のあるがままを体感でき、その中に人工的にくり貫いた穴がポッカリと開いている空間はなかなか体験できないものであり、非常に落ち着ける空間で時間がゆるされる限りのんびり佇んでいたいと思いました。

ライトケーブ-1(中里エリア).jpgライトケーブ-2(中里エリア).jpg














津南の越後妻有「グローブ座」では、地元のおばちゃん達による演劇仕立てのパフォーマンスレストランは初めての経験で楽しめましたし、地元の野菜も非常に美味しいものでした。

6月の「青年・女性建築士の集い中四国ブロック香川大会」では「瀬戸内芸術祭」と「大地の芸術祭」の総合ディレクター北川フラム氏より「アートは地域の特質を明らかにする」というテーマの基調講演がありました。
研修旅行に参加したメンバーは新潟県や十日町地域には初めて訪れましたが、アートや建築作品を通して地域の特性や文化を感じられ、興味や親しみが湧いてきたように思います。
また、大地の芸術祭は天候に左右される作品も多く、私達が行った日は曇りもしくは雨だったので、機会があれば晴天の日に行きたいと思いました。
レンタカーで作品を見て廻り、無事事故なく旅行を終えることができ、皆さま大変お疲れさまでした。ありがとうございました。
 
高松支部青年部会 横田竜平

BACK

NEXT