facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

建築士会コラム

役員リレーコラム「香川県建築士会の重点施策をご存知ですか?」業務委員会副委員長 後藤 哲夫

先日開催された、香川県建築士会の平成29年度通常総会に参加し、印象的だったのは、例年以上に参加者が多いのではないかということです。建築士会の会合に参加する意義を感じている人が増えているのではないでしょうか。

通常総会の議案とし、平成29年度事業計画書(案)がありました。ここ数年変わっていないのですが、建築士の皆様、香川県建築士会の重点施策をご存知ですか?それは、「信頼される建築士の確立」です。現在、私は独立して17年経ちましたが、「建築士」という仕事の責務の重さと難しさを感じる毎日です。いまだに自身で失敗と感じる経験もあり、建築主の方々、工事会社の方々、行政機関や審査機関の方々、そして、協力事務所の方々や事務所のスタッフたちに迷惑をかけていると反省しています。

そこで今回のリレーコラムでは、「信頼される建築士」を確立するために、香川県建築士会をどのような会にしたいか、自分の失敗談を含め書きたいと思いました。

まず初めに、私が経験した失敗談とその失敗から学んだ対応策を述べてゆきたいと思います。

最初の大きな失敗は、2007年東京都で一戸建ての住宅を設計監理していた時に起こりました。工事請負契約が済み工事が始まって1か月後、元請け会社が倒産してしまったのです。信頼できる団体から紹介された会社だったので倒産することはないと勝手に思い込んでいました。その時、大変だったことが二つあります。一つ目は工事の出来高よりも建築主が支払った金額の方が多かったこと。二つ目は次に施工をお願いする工事会社を探すことでした。現在ではその経験を活かし、支払い条件を出来高よりも払いすぎないようにする、そして、工事請負契約の時には工事完成保証人もしくは住宅完成保証制度の加入を見積条件として加え、ご理解頂けた工事会社に見積をお願いしています。当初、見積参加業者からは、「どうしてこのような見積条件になったのですか。」と聞かれることが多くあったのですが、過去の失敗談を正直に話すと、ほとんどの工事会社は理解してくれて見積に参加してくれるようになりました。消費者保護の機運が高まっている現在では、建築主の方に不要な心配をさせず、建築主・設計事務所・工事会社との間での信頼関係も築くことにもなります。

二つ目の大きな失敗は、2013年老人福祉施設の増改築を設計している時に起こりました。建築主から寸法の入った図面を渡され、「構造も規模も変えずに実施設計を行って欲しい。」と言われました。後藤事務所からは、工期短縮と工事金額を予算に近づけるためという理由で、構造(木造から鉄骨造)の変更を申し入れましたが認められませんでした。そのまま実施設計は進み、確認申請の事前審査を行う中で問題が発生しました。当時、出来たばかりの【構造改革特別区域における「特別養護老人ホーム等の2階建て準耐火建築物設置業」の全国展開について(平成24年3月30日消防予第130号予防課長通知)】の中の「避難計画確認書」をクリア出来なかったのです。設計者として、法令等の確認が足りなかったことは充分に反省しました。この失敗をもとに、他の人が描いた案で自分が責任を取れないと思った設計業務は受けないようにしようと思いました。

過去に先輩方がまとめられた、失敗から学ぶこと、の冊子を香川県建築士会の事務局で見たことがあります(注)。「信頼される建築士の確立」のためには、過去の様々な失敗を建築士が共有し、同じような失敗をしないことが、「信頼される建築士」としての第一歩となり、一人一人が誠実な仕事をすることで、「建築士」という職業の信頼につながっていくと思います。

建築士の仕事は、小売業と違い、「無」から「有」を作り出す、手探りの作業の連続です。より良いものを創造し、工事に関わる全ての人と喜びを共有したいと思って日々努力はしていますが、思わぬ過信による失敗もあります。もし、失敗した場合は、状況をよく整理し、謝るべきところは謝り、熱意をもって対処すれば、相手も理解してくれるのではないか、と思っています。

香川県建築士会が、後人の糧として、こういった失敗の事例や解決方法等をデータベースとして蓄積し、会員同志が共有できれば、「信頼される建築士」の確立に近づけるのではないかと思い、今回のリレーコラムを書かせていただきました。

(注)「若き建築家へのメッセージ ―失敗事例を教訓に― 」
    事業委員会編、平成16年5月20日発行
   * 読んでみたい方は事務局までご連絡下さい。8月22日~先着3名様にお分けします。


 

BACK

NEXT