facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「中四国ブロック香川大会に向けて~分岐点」青年委員長 増田晃一

何もわからず先輩方の背中に着いていくのが精一杯で、たくさんの勉強をさせていただいた中四国ブロック香川大会から早9年、「平成30年度青年・女性建築士の集い中四国ブロック香川大会」が6月9日(土)10日(日)の二日間開催されます。
 
本年度の青年委員会は9年前ほどの人数はいないので各支部への担当分けができません。しかし私が青年委員長所信として掲げてきました「一同一体」の花がここに来て開花をしようとしております。各支部の隔たりが無くなり、みんなが一つのチームとなり事業を成功に導くために日々奔走しています。個々が日々の忙しい業務の間の時間を割き資料作成・打合せと率先して動いている背中には本当にありがとうと言う言葉しかでません。
 
本大会のテーマは「分岐点」
香川県は四国の東北部、瀬戸内海国立公園のほぼ中心に位置します。風光明媚な瀬戸内海は古くから海上交通の大動脈として機能し、そこを舞台に多くのヒト、モノ、コトの交流がなされて来ました。沿岸には港が点々と存在し、その港を拠点に文化が海から陸へと広がって行きました。
 
今大会の会場となる高松も1590年(天正18年)に高松城(玉藻城)が完成し、城下町として四国の玄関口の役割を果たし、交通・文化・情報の結節点、『分岐点』として大きく発展してきました。現代においては、本州四国連絡橋の開通以降、四国4県の高速道路の整備も進み、交通網が発達しましたが、その反面、香川県は中国・近畿圏内への通過点となりつつあり、地域間の結びつきの弱さ、都心部への人口流出、地方都市の少子高齢化など社会問題も浮彫りになり、まさに「拡大成長する社会」から「縮小する社会」、その大きな『分岐点』に直面しております。
 
しかしながら、価値観の多様化が進み、それぞれの地域の個性が重視され始め、「縮小する社会」の中でも取り組み次第では可能性、希望のある社会と感じとれるようになってきました。我々建築士も物事の関係性を考慮し、選択し、その物事の進むべきベクトルを指し示す『分岐点』に立つ仕事にあります。地域で生きる建築士だからこそできる地域の建築と社会との関わり方があるような気がします。瀬戸内海における、四国・中国・近畿の『分岐点』であるこの地『高松』で私たちの地域の未来と建築の未来を共に考える事業を開催します。
 
結びとなりますが、本大会が参加された皆様にとって、物事を主査選択・模索するヒントにつながれるよう、後半年間みんなで力を合わせ成功に終われるよう邁進してまいりますので、OBの諸先輩方には多大なるご尽力をお願いすることがあるとは思いますが、かわいい後輩が実施する事業として暖かい目でご支援、ご協力の程よろしくお願いします。

seto-oohashi.jpg

BACK

NEXT