facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「地図を読む、そして旅に出る。」広報編集委員会副委員長 澤 隆之

私は子供のころから読書が苦手でした。ただ地図帳を開くと夢中になり時間が経つのを忘れるほどでした。現代はすごく便利になり、PC・スマホで電子地図を見ることができます。電子地図はデジタルデータを活用しての航空写真・画像・口コミ等、様々な情報を提供してくれます。しかし私が旅に出る時は紙の地図を持参します。車やバイクにもナビは搭載されていますが、それでは得られない情報が詰まっています。

自転車・交通機関・マイカーと年齢を重ねると共に移動手段も変わり行動範囲も広がりました。最近はバイクでのツーリングが移動手段となっています。目的地の途中で見つけたスポットに立ち寄るのに便利です。

バイクに乗ると、危険だとか言われます。夏は暑いし冬は寒い、雨の日は濡れ、風が強いときは流されます。まさに苦行です。どうしてそんなバイクに乗り続けるのかと思う時もあります。風を感じて走る、気ままな旅ができるなど、ひとつでもバイクに乗る理由があれば良いのです。ナビでは案内してくれないような酷(国)道や険(県)道を通ることもあります。国道439号(よさく)や香川徳島県道3号109峠などは難所として全国的に有名です。車では通行できないような脇道や峠越え、街中の路地裏散策など機動性が生かせます。

旅好きな人が必ずと言っていいほど目指す場所は最南端・最北端・最高地点等の端っこです。本土16端(本州・北海道・九州・四国の四端)のうち10カ所までは到達できました。また国土四端は択捉島・南鳥島・沖の鳥島など民間人が立入禁止の場所もあるので、到達可能な北海道の宗谷岬・納沙布岬、沖縄の与那国島・波照間島も訪れてみたいです。

道路標高日本一は乗鞍ですが一般車両は乗入禁止です。国道最高地点の志賀草津道路渋峠やJR鉄道最高地点の野辺山は訪れることができました。

また天守閣や神社仏閣など国宝や歴史的建造物も訪れることが多くなりました。現存12天守も11カ所訪れることができ、残るは弘前城のみです。戦国武将の相関関係など歴史と合わせて見るもののも面白いです。神話に出てくるような場所も興味をそそられます。

高千穂といえば天孫降臨の場所として有名ですが、九州には二カ所あります。天の岩戸も全国に十数カ所あります。それぞれの地で伝承を読むのも面白いです。

私が愛用している地図にはその地方のグルメ紹介も有ります。世界的に有名なガイドブックとは違う切り口での紹介です。また休憩がてらSAや道の駅で変わり種ソフトも食します。バッタソフトや牡蠣フライソフトは食べるのに躊躇しましたが、普通に美味しいです。

ガイドブックやパンフレットにある風景写真は晴天に撮られたものが多く、それを期待して行くと霧で何も見えなかったり、交通規制で近寄れなかったり。リベンジ案件として次回に期待します。地図や写真で見た目的地に辿り着き、そこに佇んで風と音とを感じてみる。ひと時でも贅沢な時間と空間を体感できれば、明日への活力となります。気力と体力が続く限り私の旅はまだまだ続きます。

201808saisei.jpg


201808JR.jpg

201808hikone.jpg

201808batta.jpg

BACK