facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「四国遍路の魅力」総務委員長 詫間 正章

 檀家であるお寺の工事をした後、完成報告のため高野山に訪れる機会がありました。参詣するに当り、衣装等を用意するようにいわれたので、白衣(びゃくえ)、さんや袋、わげさ、納経帳は買い求め、金剛杖は母親のものを使用することにしました。これをきっかけにして我家の四国巡礼の旅が始まったのです。
henro-01.JPG
 
  四国遍路では霊場に参詣することを「打つ」といいますが、私達は足の向くまま、気の向くまま、車で巡るので「乱れ打ち」というようです。因みに、その他に「通し打ち」、「順打ち」、「逆打ち」とあり、「逆打ち」は昔は道に迷うといった苦労も多く、三倍のご利益があるといわれていたそうです。通し打ちで巡礼した場合は全長1100~1400kmの長い旅になります。現在私達は88箇寺の内、68箇寺を廻ったところです。廻る理由は、折角道具も揃えたし、四国もまだ行ってない所も沢山あるし、それから余暇の時間の過し方としては結構充実しているし、といったところでしょうか。両親の供養もあるのですが……。

 近年は随分四国遍路の人気が高いようで、中でも驚いたのは若い人、特に女性や外国人の多さです。その昔、若き空海は修験者として、その険しい道を巡ったわけですが、現代の「モダン遍路」は観光という側面も大きく、2015年にニューヨークタイムズが掲載した世界の観光地ベスト52のうちの35位にランクインされたそうです。一体何にそれ程の魅力があるのでしょうか?

 元来その目的は、先祖供養、病気平癒、また自らの宗教心を高めるために、といったところから、近年では、健康維持、余暇の充実、四国の自然を求めて歩くすがすがしさ、寺社建築への興味といった幅広いニーズの受け皿となっているようです。その中でも私は特に人との出会いが大きな魅力の一つと思っています。その一端を紹介します。

 60番横峰寺に参った時、この寺は車で15分程度急峻な山を登った所にあるのですが、若い外国人のカップルがいて、声を掛けたところ、ベニスからハネムーンに来て、1ヶ月かけて日本中を廻っている途中立ち寄ったとのことで、数日かけて歩き遍路で何箇寺も廻っていました。また、45番岩屋寺に参った時、ここは車で行っても30分程度徒歩で山登りの必要があるのですが、帰りのお茶屋で女子大生を車に乗せ次の寺に送ることになりました。彼女は韓国で電子工学を学ぶ学生で、休みを利用して、寝袋を持ってヒッチハイクをしながら88箇寺を廻っているのです。その後結局、後の3箇寺も一緒に廻り、道後の宿まで送ってあげましたが、もう数箇寺で結願(88箇寺全てを廻ること)するとのことでした。

 また友人に誘われ「お遍路バッハ」というコンサートに参加したこともあります。若き女性ピアニストが休日を利用して歩き遍路をしながら、バッハの全て異なった楽曲を88箇寺に奉納しているのです。彼女によると東日本大震災直後、音楽家として何ができるのかという模索から「お遍路バッハ」にたどりついたそうです。因みにピアノの鍵盤は88鍵なのです。元来、音楽は神に祈りを奉げるために生まれたものだそうで、彼女は今年5月に順打ち歩き遍路を結願したそうです。

 以上のように私にとっては、人との出会いが大きな魅力の一つとなっています。巡礼者をもてなす「お接待」の気持ちに接し、巡礼者同士の人間的な交流に始まる不思議なご縁をいただき、何か心地よい気持ちになれるのも「お大師様」の功徳のお蔭でしょうか。人それぞれの感じ方、巡り方、思いがあるのが四国遍路です。        

合掌

henro-02.JPG


henro-03.JPG

BACK