facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「ふと、振り返れば」西讃支部長 今井 史郎

大阪で建築を学び、地元に帰って建築分野に就職して仕事を覚える内に物作りが面白くなり、規模・工事費など関係なしに、与えられた仕事1つ1つを大事に考え業務に携わって来て、2年前、現役を退く時期が来た時には、44年間の月日が流れていました。

昭和48年4月に就職した時、直ぐに職場の先輩から建築士会の勧誘があり、何も分からないまま説明を聞いたのと同時に入会し籍を置くことになりました。

数年が過ぎ、仕事にも慣れ、現場でも士会会員の方と知り合いが増え始めた頃に青年部長になり、この頃から「建築業に携わる者にとって建築士会とは何ぞや」、を考え出した時期でもありました。青年委員会にも参加するようになり情報交換、勉強会、県外研修など本部事業に参加する中で感じたのは若い人の参加が非常にむつかしかった事でした。

昭和50年代はバブル時期で、人材はおり、面白いぐらい仕事があり、現場は日々残業が当たり前、休日はほとんどなく、活気はありましたが、この当時は、福利厚生、有給休暇などは、今みたいに理解はなく研修旅行に参加したくても、却下され自分の時間が取り
づらい時期でもありました。

このようなことから、若い会員が色々な行事に参加し易くするにはどうしたらいいかを支部青年部役員会で協議し、会員増強にもつながる事業を考えたのは、支部青年部独自で技術研修や研修旅行などを企画して、支部の役員会で了承してもらい、会員の身近な士会支
部事業として位置付けをし参加してもらう事でした。

呼びかけは支部会員同士になる為、知り合いも多く話しやすく、役員が会社にも出向き、士会・研修目的などを説明し、会員の方が参加し易いように心掛け、毎年20名の参加で県外研修を企画し、支部青年部の目玉事業になりました。支部だけの研修旅行は、県内では西讃支部が初めての企画実施した事業であったと思います。

他支部からも参加希望もあった年もあり、40年近く経った今でも支部青年部に引き継がれており、この頃参加していた若き会員は、現在、支部役員で残って活躍しており、青年部が活動し易いようにバックアップしています。

青年委員会での思い出は、機関紙『さぬき瓦版』の発行に携わる事が出来たことです。いつも、午後から事務局に集まり編集校正の打合せをして帰りは みんなで近くの喫茶店で夕食を食べてから解散でした。一時期、編集部員が2名だけの時期があり、この頃が一番苦しかった時で、何とか協力しあい乗り越え、後に、広報編集委員会が出来、現在も『さぬき建築人』と名前を替え、毎月送られて来た時、楽しかった良き思い出が蘇ります。

青年部を卒業後、支部事務局を15年近く担当し昨年、役員改選で支部長の推薦を受け、小生の年齢を考えると、建築士会を通じて知り合い、お世話になった会員の方への恩返しが少しでも出来るのは今の時期と考え、引き受けたしだいです。任期中に、次世代を担う若き会員にバトンタッチ出来る様頑張りますので、これからもご協力よろしくお願い致します。

今回の、役員コラムの原稿のテーマを考えている時、ふと、振り返った内容を書いてみました。
 
  PA300742.JPG

BACK

NEXT