facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「ふと気がつけば、人生楽あり苦あり、山あり谷あり ああ忙しい」 高松支部理事 中村 賢治

3人目の孫の生まれる予定日が、昨年の12月27日であった。平成30年も暮れようとするのに、我が娘は「まだまだ出てこん」と、あっけらかんとしていた。27日が過ぎ新年の正月が来ても「まだまだ」であった。長男も、横浜から里帰りしていた次男坊一家も楽しみにしていたが、孫には会えなかった。私事だが、毎年正月には出身大学の箱根駅伝で盛り上がり、1月3日の復路の日に大学の校友会(同窓会)を開催し、酒を酌み交わしながら応援している。我が母校は1997年第73回箱根駅伝で初優勝を果たし、以来この1月3日を特別な日として毎年楽しみな日となっているのだが、今年はそれも欠席させて頂き、TV観戦であっけなく終わってしまった。校友会の連中からは、大変お叱りを受けたが、それどころではなかったのである。

次男坊一家も1月4日に「まだ生まれないねー」と言いながら帰っていった。しかし、その夜から前兆が現れ1月5日(土)の朝9時頃に3人目の孫(女の子)が無事誕生した。母子共々健康で、1月12日(土)に退院した。じいじもばあばもバタバタと大変であったが家の中は幸せ一杯であった。ところがその日から急に喉が痛くなり、13日・14日(休日)を我慢して15日(火)に熱でふらふらしながらも、古くから付合いのある病院へ行くと、「インフルエンザA型」を宣告された。予防注射もして、気を付けていたのになあ・・・・・。

すぐに家に電話をすると「帰って来るな。孫に感染したらどうするの!!」と言われ、じいじはあえなく近くのホテルで7連泊する羽目になったのです。只々眠るだけで、熱が下がるのを待たなければ孫にも会えない。ホテル住まいは苦しく、味気ないものであったが、1月23日には無事に家に帰ることができた。孫の顔を見ることができた時、「人生何が起こるか分らない」と思った次第です。当然その間の公式行事も、代役の方にお願いし、事なきを得たのだが、私の所属する組合の研修旅行にまで、行けなくなってしまった。「2月末・3月初旬には花粉症の出ない所へ行きたかったなあ」とつくづく思っています。そして、1月27日の私の70回目の誕生日には、家族から大好物の焼酎を頂き、ちびちびと飲んで幸せ気分に浸っているのです。

image3.jpeg

話はまだまだ続きます。今年は、2年に1回の指名願いの提出年で1月後半から2月に入って、インフルエンザの後遺症に苦しみながらも、各諸官庁に提出が終わったと思ったら、疲れが出て、この歳になるまで私を支えてくれた大事な奥歯が異常をきたし、大嫌いな歯医者にお世話になることになった。私は診療台に座ることが嫌で、耳鼻咽喉科と歯科だけは、この歳になってもいまだに座りたくない。確かに今の診療台は改善されてきてはいるが、それでも嫌なものは嫌なのである。

勝手なことを言いつつも、3月は早速の「初節句」がある。我が家ではすでに孫のために、お雛様飾りを出してきて座敷に飾っている。もっともこれは、ばあばが張り切って、せっせと運び出して組み立てた物だが、なかなかの迫力のある物である。今は、歯医者に通院し、家に帰ると孫の顔を見てはじいじになっているのである。次男坊からは今年の5月の大型連休に、再び里帰りするそうで、長男も心待ちにしている。そうなると我が家は総勢10名+犬5匹の生活が待っている。騒々しい連休になるだろうなあと今から心待ちにしているところである。

image2.jpeg

BACK

NEXT