facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「住宅づくり人生、今思うこと。」東讃支部 理事 吉田 健二

-生い立ちから学生の頃-
私の父は木工事を主とする建設業を営んでいた。家と会社が隣り合わせだったので、幼いころから父の仕事を見て育った私にとって将来の夢は大工になることであった。木切れはたくさんあったので大工さんの道具を黙って持ち出しはおもちゃのように遊んでいた。傷も絶えず幼いころにできた手の数カ所の傷跡は勲章のようなもの。

モノづくりが好きで建築にも興味があったので、大学も一切迷うことなく建築学を専攻した。学生の頃は旅行が好きで、日本各地の街並みや建物を見て廻った。私の建築人生の礎はこの頃までに築かれたのだと思っている。

-住宅づくりに携わって35年-
大学を卒業して地元の設計事務所に就職して今の会社の入社したのが28歳の時だった。その当時は住宅より非木造のビル建築などを目指そうと思っていた。ただ小さな建設会社では大きな仕事がどんどんあるわけでなく受注競争も厳しく、将来を考えると自社の強みである木工技術を生かした住宅建築を主とした経営が一番であると考えるようになった。

今まで300棟を超える住宅の設計や施工に携わってきた。住宅建築は本当に奥が深い。店舗や事務所、公共建築とは違い住宅は「人」との関りが深い。家族のご要望を聞き取り、安心・健康からライフスタイルや価値観まで共有しないといいものができない。建築士としてはデザインや性能といったハードの部分を重視しがちだが、暮らし方や人生観までも考慮しなければならない。そこから生まれる「家族の幸せ」まで描けないと住宅建築のプロとしての仕事ではないと思っている。

-好きこそものの上手なれ-
アップルコンピュータ創業者のスティーブ・ジョブズの言葉に「私は、本当に好きな物事しか続けられないと確信している。何が好きなのかを探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも。」私は住宅づくりが好きである。好きだからどんなに時間を掛けても苦痛でないし、何度プランの変更があってもとことんやる。 それはいいものを作る過程なのだから、近道もあれば回り道もある。それもまた楽しいと思える。だから今まで住宅建築を続けてこれたのだと思う。金儲けの手段としての住宅建築であればどこかで諦めていたかもしれない。

私は個々の住宅が完成するたびに必ず「お引渡式」を実施する。お互い感謝の気持ちを伝え、出会いから今までを振り返る。時には涙ぐむ場面もある。まさに感動の家づくりのクライマックスである。毎回この場面に立ち会うたびにこの仕事をやってよかったと痛感する。

-これからの家づくりについて思うこと-
日本の住宅は昔から「棟梁」と呼ばれる親方大工によって作られてきた歴史がある。棟梁は地域の気候、風土、慣習、家族のことを知り尽くした上で住宅を造ってきた。最近は個人の大工が請負う住宅がほとんど無くなった。その大きな要因は建築主ニーズの多様化と社会背景に変化であろう。特に国の住宅施策が大きく変化してきた。それにつれ、最近は量産型工業化住宅が多くなってきた。規格品を使ってコストダウンや生産性を上げる手法を全面的に否定するつもりはないが、全国どこへ行っても同じような住宅が建っているのは少し寂しい気持である。

私は以前から、地域の住宅は、地域ビルダーによって建てられるべきだと言い続けている。最近住宅に係る法令や基準、また住宅品質の確保など難しくなってきた。2030年には新築着工数は現在の2/3になると予測されている。これは逆風でなく革新のチャンスだと思う。建築主に寄り添い手間と想いを込めて一軒一軒大切に心を込めてつくるのが地域ビルダーの本来の姿である。その原点に立ち返り革新し続けることこそが、地域ビルダーがたくましく生き残っていく道筋であると思っている。

-連携・協業で新しい価値が生まれる-
住宅に携わる設計者であれ施工者であれ、ある意味ライバルである。でもそのライバルが最大の味方になればどうなるだろうか。量産型住宅メーカーと対等以上に優位に立てるのではないかと時々考える。地場工務店同士、地場工務店と建築設計事務所とのコラボレーション、関連異業種との連携など方法は多々ある。我々には香川県建築士会という組織がある。設計関係、住宅施工関係の会員がいる。会員同士でグループを作り、グループ内で技術向上のための勉強会 販売促進活動ができれば、香川の住宅づくりがもっと魅力的になるのではないかと思うのである。

BACK

最近の記事
最近の記事