facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「雑談です」中讃支部 理事 池田裕美

個人で建築設計事務所を自営しているとカレンダー通りに休みは取れないのですが、逆に仕事を調整すれば、平日に休みを確保することも可能になります。確保した休日は、建築士会も含め参加している各種団体の会議や研修の前後にあてがい、開催地周辺を探検散策しています。

出かける際には、大まかな予定だけ決めてその場で訪問先を決めています。その際よく利用するのが、道の駅や観光案内所で配布されているパンフレットです。なので、もっぱら出かけるのは車中心となっています。先だって北海道函館市で開催された建築士会全国大会も車で現地入りしました。

現在所有している車は、ホンダフリード+です。この車を選択したのは、後部座席と荷室をフラットにすることで車中泊が容易に出来るのが大きなポイントでした。これで機動力が格段に高くなり、より一層まち歩きを堪能することが可能になりました。

少し話が飛びますが、2010年に富士山に登りました。それまで登山経験などなく、いきなり登ったのですが、喘ぎながらも登頂することができました。それ以来、年に数回山歩きを楽しむようにしています。もっぱら登山ではなく山歩きなのですが、日帰りで堪能できる絶景を楽しむことが出来る山を選択しています。早朝に山歩きをはじめ昼過ぎから遅くても15時くらいまで出発点に戻るというのを基本スタンスとし、最後に温泉で体を癒すというのも楽しみの一つとしています。

そこで重宝するのが車中泊できる車なのです。登山口駐車場に前日夜から車中泊し、早朝からやま歩きを満喫。はたまた、道の駅で車中泊し周辺のまち歩きや、建物見学を満喫するというスタイルが確立しました。宿泊予約の必要性が少なくなったことから神出鬼没的な行動が可能になったのです。こう書くとメリットばかりですが、車中心になったことでお酒を楽しむことが出来なくなるというデメリットも発生しましたが、それは些細なことです。

今年は、県外での大きな研修が無くあまり出かけることが出来ませんでしたが、7月に島根県で開催された中四国ブロックまちづくり委員長会議では大田市の三瓶山、函館市での全国大会では、有珠山と北海道駒ヶ岳のやま歩きや江差町のまち歩き、そして青森県白神山地散策を楽しみました。11月には、かがわ木造塾主催の舞鶴市周辺の研修があるので、その際に京都北部のまち歩きを楽しんでみようと思っています。

今後も体力が続く限り、「まち歩き」や「やま歩き」を楽しもうと思っています。とりとめのない内容で恐縮でしたが、仕事に追われる日々の箸休めとなれば幸いです。
 
ikeda01.jpg
北海道駒ヶ岳頂上付近

ikeda02.jpg
大沼から望む北海道駒ヶ岳

ikeda03.jpg
白神山地沸壺の池

BACK