facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「建築ときどき登山 こちら建築士会登山部です。」高松支部青年部会 大平達也

-きっかけ-
今から10年?くらい前でしょうか。高松支部青年部の活動に参加するようになって、先輩方から声をかけていただき、定期的に山に登ることになりました。僕らでつけたチーム名が自称「高松支部山岳部」。メンバーはK部長、F副部長、M副部長ほか10名程度。山登り初心者ばかりでしたが、僕がたまたま経験者(経験者といっても富士山に登ったことがあるという程度ですが・・・)ということもあって、隊長に任命され、登る山の選定や、ルート図作りなどするようになりました。「一月一山」を目標に、最初は峰山、五色台、勝賀山、雲辺寺山、象頭山、女体山など県内の山を中心に登っていました。

これらの山は標高が低いからといって侮れません。登山者が少ない山もあって、道が途中で消えたり、生い茂った草を掻き分けながら進んだり、時には鎌や鋸をもって、藪こぎすることもありました。落とし穴のような穴にすっぽりはまったり、いのししに襲われそうにもなりました。(笑)

山での楽しみの一つがやはりお昼ごはんです。バーナーでお湯を沸かし、カップ麺を食べたり、食後のコーヒーを楽しんだり、その後はおやつの物々交換など。まあ、こうやってマイペースに山登りを続けていますと、次第に他支部の青年部メンバーなども集まってきて、その後、名称を「建築士会登山部」(こちらも自称ですが)と名乗ることとなりました。

-建築士会登山部の活動-
メンバーも増え、登る山もだんだんと地元の身近な山から他県の山へとレベルアップしていきました。今までに登った山を振り返ってみますと、愛媛県は西赤石山、東赤石山、石鎚山、寒風山・笹ヶ峰など、高知県は三嶺、徳島県は、剣山・次郎笈、国見山、高丸山など、鳥取県は伯耆大山、岡山県は那岐山、広島県は宮島弥山、兵庫県は六甲山など、いろいろ登りました。 

毎回、旅行会社が企画するツアーのようにイベント名称をつけ、例えば、「サンセットクライミング in 屋島」、「西日本最高峰 神さんの山石鎚に登る!」、「ミヤマクマザサとコメツツジの群生を歩く!-三嶺登山-」、「うみと、まちと、みどりあふれる六甲山登山!」など、登る山が想像でき、登りたいと思わせるようなネーミングを心がけています。

-印象深い富士山登山-
どの山がよかったかといえば、正直甲乙付け難いのですが、あえて、あえて印象に残っている登山をあげれば、2014年7月の「富士山登山・2014!」でしょうか。 
それは1泊2日の登山でした。富士山富士宮口6合目の山小屋を深夜1時に出発し、5合目登山口に下山したのが、お昼の12時過ぎ。休憩を含み、おおよそ11時間の超ロング登山! シーズン前のまだ人気の少ない剣ヶ峰にて朝食のおにぎりを食べたこと。残雪の中、滑落の恐怖に震えながら恐る恐る歩いたこと。下山途中では、横浜から来たおじいさんと出会い、一緒に下山したこと。ひざの古傷が痛み苦しんだ隊員の荷物を分担して背負ったこと。そこには11時間の汗と涙と友情の壮絶なドラマがありました。(笑)

-そして、これからも-
「一月一山」を目標に活動してきた登山部ですが、最近は少しサボり気味で、そのペースが「二月一山」、「三月一山」に。しかし、これからも安全第一、思い出に残る登山をモットーに活動を続けていきます。屋久島や、九州の久住山、そして北アルプスにも・・・夢はまだまだ膨らみます。ご興味のある方はぜひ一緒に活動しましょう!
登山部、ただいま六合目付近。まだまだ道半ば。
以上、現場から報告します。(笑)

tozanbu.jpg

BACK

NEXT

最近の記事
最近の記事