facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「猫と共に暮らす家」 TTC部長 篠池 紗矢香

 昨今、ペットと暮らす家庭が増えてきました。そんな人達にとってペットは家族同然の大切な存在です。家を建てるなら、彼らにも優しい家を…と考える人も多いと思います。なので、今回は実際にペットを飼っている私目線でこんな家ならば、ペットにも優しいのではないかと言う家をご紹介致します。

 ちなみに私の家では、現在犬が一匹、猫が二匹います。猫は室内で飼っているのですが、犬は土間で飼っています。今回は、猫の話をしたいと思います。

 猫を飼う際には、よく“キャットウォーク”や“キャットタワー”も設けるのが良いとされています。また、狭い空間が好きな猫の為に、リビングの隅に彼らが籠れる空間を作ったり、トイレは匂いが籠らない様、換気が出来る場所、洗面所やベランダに設けるのが良いとされています。ここまでは皆さんもよく聞くと思います。

 でも私は、それ以上にこれが一番重要では無いかと思います。それは、入ってはいけない場所を明確に作る事です。

 基本的に、家猫は家の中であればどこへでも行きます。各個人の部屋は勿論、トイレや洗面所、収納の中に入る事もあります。猫を飼っている方はこういった場所に誤って閉じ込めてしまった、また入ってしまってそこから出てこない。なんて経験があるのでは無いでしょうか。また刃物や火を使う台所。料理中で火や刃物を使っていても、猫達には関係ありません。構ってほしい彼らは足元にすり寄って来たり、調理中の台の上に登ってしまう事もあります。料理をしていない場合は良いかもしれませんが、流石に調理中は危険です。

 そんな場所に入らないようにするため、また最初に上げた要望を叶える為、私のおススメは猫好きに話題の「猫部屋」です。

 広さはほんの2畳~3畳ほど。そこに、最初に上げたキャットウォーク等を設け、トイレや、ご飯等、猫達に必要な物を置いておけば、万事解決です。常に家に居る事が出来ない方でも、お部屋に入っていれば、安心ですし、家の中で粗相をする事もありません。勿論その部屋は猫のためのお部屋なので、内装は猫仕様。床はフローリングもいいですが、たまにキャットウォークなどから降りてきた子が勢い余って滑る事があります。なので、掃除しやすく滑りにくい、ビニル床等もオススメです。その際一部、床にはタイル等、夏に冷たくなる場所を設けてあげるもの良いと思います。壁もクロスで問題はありませんが、壁を使って爪を研いだりする事や粗相をして汚れたりする事もあるので、壁の途中に仕切りを設けて、上下で分けるのをオススメします。猫部屋につける収納ですが、引違い戸にしたら、開けてしまう子もいます。ちなみにうちの子は開けました。ご飯等も入る場所なのでしっかりと閉まる片開きドアがおススメです。

 そして、部屋自体は、日当たりのいい場所に設け、窓は高い場所に換気用が一つと、猫達が日向ぼっこ出来るように、大きめの窓(窓台は猫が丸く成れるように大きめに)を設けてはいかがでしょう。そして、自分たちが家に帰ってきたら、部屋から出してリビング等で一緒に過ごしてはいかがでしょうか?

 以上が、10年以上猫と共に暮らしてきた私が考える「猫と共に暮らす家」のおススメです。勿論家に対する考え方は、飼っている方一人一人にあると思いますので、これはほんの一例です。すでに飼っている方が家を作るなら、その子の性格にあった家を、これから家族になる方は、飼っている方の話を聞いて、一番これが良いのではないかと思うものを作って行けば良いと思います。新しく家族になった子の性格に合わせて臨機応変に対応出来る家っていうのも面白いですね。

 今の時点で私はこれが最良では?…とは思っていますが、これが正解・・・という事はないと思っています。なので、これからも猫達と暮らしながら、彼らの行動を見て、彼らにとってどんな家が良いのか考えていくのも、面白いと思うので、これからも考えて行きたいと思います。


BACK

NEXT

最近の記事
最近の記事