facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

建築士会コラム

役員リレーコラム「趣味のこと」女性委員会副委員長 藤本たみ

趣味には自己表現の側面と自己満足の側面がありますが、自己表現側は実績を重視され、何年取り組んだか、本が書けるほどの知識量を求められます。考えすぎかもしれませんが、最近の「趣味は何ですか?」という質問の趣味とは「セミプロと言えるくらいストイックに取り組んでいる仕事以外のこと」を聞かれているようで、そのハードルの高さに閉口してしまいます。問い詰められると困るので、質問には趣味はありませんと避けてしまいますが、世間には趣味難民という言葉があるくらいなので、同じく実績の伴わない趣味を持つ方も少なくないのではないでしょうか。陶芸、ヨガ、着付け、女性は必ず通る道のようです。多分に漏れず、一通り経験済みです。

病的な飽き性で一つを突き詰めることができず、その時の興味の赴くままに首を突っ込む完全自己満足型のわたしは自分を表現する術がありませんが、比較的好んでいるハレの日の過ごし方を紹介します。

旅行と美術館が好きで、旅行に出るときは必ずその地域にある美術館を訪れます。単純に非日常的な時間の経過、雰囲気に身を置くことで「ケ」をしめるケジメの行為として好んでいます。

今わたしの興味の対象になっているのは藤田嗣治氏です。学生時代に描いている自画像は好青年ですが、パリに渡ってからの写真を見ると、コメディアンでもしてたのかと疑う姿をしています。実際、「本当の孤独は人間を駄目にする」と道化のような振る舞いをして自分の居場所を築いてきたようで、フランスでは高い評価をうけた画家です。

自己の仕事に懸命に励めばそれが国の為になるという思想を持っているにも関わらず、その当時の日本では評価されず、後に帰化してフランス人となりましたが、「どこまでも日本人として完成すべく努力したい」「私は世界に日本人として生きたいと願う」と残し、日本人であることを強く意識しています。5回もした結婚、フランスでの交友関係、世界大戦という時代背景の中でまっとうした画家という職業、画家の人生背景を知ってから見る絵はまた違った印象を持ちます。描かれる人物画の線の繊細さや柔らかさからくる印象では傷つきやすく繊細な人柄が伺えます。その姿や振る舞いから誤解された人物像で伝えられていることが多かったようですが、よく酒場で騒いでいたが実は下戸であり、仕事はきっちり終えてから酒場に繰り出していたのだそうです。絵の制作にはまじめに取り組んでおり、キャンバスを自作する拘りにより「乳白色の肌」を生み出します。両極端な真面目さと不真面目さが同居している人物像にも興味をそそります。無理して真面目に不真面目を振る舞っているようで、寂しさを感じてしまいます。

今年は没後50年ということで、東京都美術館で大規模な回顧展が開かれます。8月までにもう少し、藤田嗣治という人物について造詣を深めてみようと思います。美術館巡りの実績が増え、堂々と趣味と言える日も来るでしょうか。

今回、仕事で関わった美容師さんが自身の店の内装をDIYするのですが「藤田嗣治の世界を表現したい」という話からこの画家に興味を持ちました。誰かの感性を通して表現されるものが、どんな世界になるのかもまた楽しみです。

非常に無知なわたしは、ありがたいことに仕事や建築士会の活動で多くの方に出会い、刺激を受ける日々を送っています。日常生活で出会うものに興味を持ち、めぐりあわせを楽しんでのらりくらりと暮らしていくのもよいものです。

最後に、画家の残したこんな言葉も紹介します。「四十はまだ青年だ。私の前途もこれからだ」(地を泳ぐ)

foujita_flier-001.jpg

foujita_flier-002.jpg

役員リレーコラム「青年・女性建築士の集い中四国ブロック香川大会」へのいざない 大会実行委員長 中村一之

日頃は青年事業に対しまして、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。このたび、平成30年6月9、10日に開催される「青年・女性建築士の集い中四国ブロック香川大会」大会実行委員長を務めることになりました中村です。よろしくお願いします。

本大会は、中四国9県から約300名の青年、女性建築士が一斉につどい、建築士としての使命、社会貢献のあり方等について発表、話し合い、お互いの交流を深める会となっております。本大会の流れとしては、まず大会式典後、各県で展開されている青年層建築士の地域実践活動の報告会を行います。中四国各地域の建築に関する認識を深め、「地域に根付く建築士」としての周知を含めた活動事例を参加者で共有し、参加される方にとって気づきがある時間となるような企画となっております。また、大会登録者よる投票を行い、最も秀悦な活動事例を発表した最優秀県は、全国大会で中四国ブロック代表として発表していただくことになります。

今大会の香川県の発表者は中讃支部青年部会です。活動内容はご存知の方も多いと思いますが、「城下町リノべる」について発表します。地域貢献の高いすばらしい事業なので、よい結果を出せると信じています。是非とも応援に駆け付けてください!

続いて、瀬戸内芸術祭総合ディレクターを務めてこられた北川フラム先生が基調講演講師として登壇していただきます。瀬戸内国際芸術祭では、アート作品と瀬戸内海の島々の自然や文化を結びつけ、多くの来場者と島民が交流することで地域の活性化や再生に大きな役割を果たしてきました。過去3回の芸術祭を通じて感じてきたことなど、お話いただき、「地域に根付く建築士」としての何ができるか考えていきたいと思います。

閉会式後、大懇親会をサンポート高松大型テント広場にてビアガーデンを用意させていただきました。瀬戸内海の夕焼けをバックに、地元の食材を用いた料理で県外参加者へおもてなししたいと思います。またこの地には、新県立体育館が建設されます。建築士会の行事としては、テント広場での最初で最後の晩餐会となるのではないでしょうか?四国の玄関口の未来についても語り合える会になればよいと思っています。

翌日は、香川県の建築、地域自然や風土を体感できるようなエクスカーションを5コース用意させていただきました。女性委員会、小豆島支部、中讃支部、高松支部がコース別に企画を行い、それぞれ特色のある楽しいエクスカーションとなっております。現在、県外参加者の受付が終了し、想定していた以上の方々が登録していただいており驚いております。昨年度から、増田青年委員長を中心に青年委員会メンバーで、県外で開催されている事業に積極的に参加してPR活動を行ってきました。県外の建築士の友達が沢山できたことにより、香川県に興味を持っていただけたのではないかと思います。逆に香川県内会員に向けて大会に対する周知が十分でなかったことが反省点と感じております。

さて、本大会のテーマは『分岐点』となっております。3年ほど前、高松支部青年部会に出席するようになり、初めて参加した前々回の岡山大会での帰り道、増田青年委員長から「香川大会の実行委員長頼むな!」目がマジだったので、断ることが出来ませんでした(笑)。その日以来、私のライフスタイルが大きく変わりました。大会実行委員長を務めたことが、私の『分岐点』だったような気がします(・・;)

最後に、我々建築士は物事の関係性を考慮し、選択し、その物事の進むべきベクトルを指し示す『分岐点』に立つ仕事にあります。瀬戸内海における、四国・中国・近畿の『分岐点』であるこの地『高松』で私たちの地域の未来と建築の未来を共に考えてみませんか?

bunkirten.JPG

役員リレーコラム「一つ一つから新しい巡り合わせ」女性委員長 村上良枝

2018年6月9・10日 青年‣女性 中四国ブロック香川大会が開催となります。
大会テーマは「分岐点」。様々な意味を含ませた大会趣意です。また、建築士会では 女性会員が年々少しずつ増加しています。建築に関わる女性が その感性を活かし地域や社会にむいてできる事、増えているという現れでもあり、建築に関わる女性にとっても「分岐点」と受け取る事ができる世相ではないでしょうか。

女性委員会では2016年4月から この中四国ブロック香川大会へ照準をあわせ事業内容や・スタッフを募る作業等々を計画し、実施してきました。活動が活発でない会員や会員外の方が一人で参加いただいても参加場面で交流しやすい事に努め、茶話会を含めた事業「あーきてく茶会」「建築セミナー+交流食事会」「建築見学バスツアー」他県の事業への参加等を実施しました。

また女性委員会から女性会員さんへ直接メールで情報発信できるようメールアドレス登録をお願いする封書案内をし、希望いただけた方 現在約60名の女性会員の方へ事業告知や建築人には掲載しない小規模での見学会等の案内をさせていただきました。あわせて会員外の方へも積極的に入会案内をし新しい女性会員さんも増加しました。それらの事業や作業の一つ一つの中から情報発信や連絡がとりあえるようになった方、初めてお会いできた方、初めてや久しぶりに事業参加いただけた方、ブロック大会のスタッフをお願いできる方々が発生しました。

また委員会運営に新たに加わってくださる方もおり、まずは一緒に委員会運営の活動いただきました方々へ感謝とともに ご協力いただきました事務局、前大会の経験からアドバイスいただきました杉本副会長、以外の皆様も誠にありがとうございました。女性委員会も青年とともに大会までの後少し有意義な大会になりますよう努めたいと考えています。よろしくお願いいたします。
 
女性委員会から女性会員さんへ、直接 情報発信させていただいております。ご希望いただけます方はご連絡ください。 (女性会員以外も可)
kagawa5377josei@gmail.com


column20180401.png

column20180402.png

column20180403.png

column20180404.pngのサムネイル画像

役員リレーコラム「中四国ブロック香川大会に向けて~分岐点」青年委員長 増田晃一

何もわからず先輩方の背中に着いていくのが精一杯で、たくさんの勉強をさせていただいた中四国ブロック香川大会から早9年、「平成30年度青年・女性建築士の集い中四国ブロック香川大会」が6月9日(土)10日(日)の二日間開催されます。
 
本年度の青年委員会は9年前ほどの人数はいないので各支部への担当分けができません。しかし私が青年委員長所信として掲げてきました「一同一体」の花がここに来て開花をしようとしております。各支部の隔たりが無くなり、みんなが一つのチームとなり事業を成功に導くために日々奔走しています。個々が日々の忙しい業務の間の時間を割き資料作成・打合せと率先して動いている背中には本当にありがとうと言う言葉しかでません。
 
本大会のテーマは「分岐点」
香川県は四国の東北部、瀬戸内海国立公園のほぼ中心に位置します。風光明媚な瀬戸内海は古くから海上交通の大動脈として機能し、そこを舞台に多くのヒト、モノ、コトの交流がなされて来ました。沿岸には港が点々と存在し、その港を拠点に文化が海から陸へと広がって行きました。
 
今大会の会場となる高松も1590年(天正18年)に高松城(玉藻城)が完成し、城下町として四国の玄関口の役割を果たし、交通・文化・情報の結節点、『分岐点』として大きく発展してきました。現代においては、本州四国連絡橋の開通以降、四国4県の高速道路の整備も進み、交通網が発達しましたが、その反面、香川県は中国・近畿圏内への通過点となりつつあり、地域間の結びつきの弱さ、都心部への人口流出、地方都市の少子高齢化など社会問題も浮彫りになり、まさに「拡大成長する社会」から「縮小する社会」、その大きな『分岐点』に直面しております。
 
しかしながら、価値観の多様化が進み、それぞれの地域の個性が重視され始め、「縮小する社会」の中でも取り組み次第では可能性、希望のある社会と感じとれるようになってきました。我々建築士も物事の関係性を考慮し、選択し、その物事の進むべきベクトルを指し示す『分岐点』に立つ仕事にあります。地域で生きる建築士だからこそできる地域の建築と社会との関わり方があるような気がします。瀬戸内海における、四国・中国・近畿の『分岐点』であるこの地『高松』で私たちの地域の未来と建築の未来を共に考える事業を開催します。
 
結びとなりますが、本大会が参加された皆様にとって、物事を主査選択・模索するヒントにつながれるよう、後半年間みんなで力を合わせ成功に終われるよう邁進してまいりますので、OBの諸先輩方には多大なるご尽力をお願いすることがあるとは思いますが、かわいい後輩が実施する事業として暖かい目でご支援、ご協力の程よろしくお願いします。

seto-oohashi.jpg

役員リレーコラム「甘えさせるマラソン」 青年委員会副委員長 山口 善史

ここ8年、毎年マラソン大会に参加しています。今、マラソンが流行っているようです。特に女性ランナーが増えています。それも美人ランナー、簡単に抜かれます。それも、余裕で。

僕自身はレースに出場するペースは年1回ハーフに出場するぐらい。タイムは自慢できるほどでないので内緒です。それでも走ることはお勧めです。いいことだらけです。始めるのに遅過ぎるはないようです。

実際レースに出ると初めは、まぁ調子良く走り始めます。10km過ぎたところから、おじさんどころかおじいさんにも、お姉さんにも、おばあさんにもあっさり見事に抜かれます。

そもそも、なぜ走ろうかと思ったかというと、実家(小豆島)に帰って来ると、毎年タートルマラソンがありました。この町では大きなイベントであり、開催日の3ヶ月程前から準備が始まります。毎週、夜な夜な打合せ、前日設営から当日はそうめん接待から片付けまで。
 
田舎の若手達を考えると、メンバーが少なく新しく入ってくる可能性も少ない。チョット毎年ボランティア参加になることを考えると辛くなりまして、次の年、マラソン自体に参加する事にしました。すると、そのボランティアの担当が外れました。そのまま毎年参加する事に。
 
また、体力の折れ曲がりを感じ始めまして、不規則な生活の上に暴飲暴食の喫煙者。これはヤバイとタバコを止めるか、運動をしようと考えていたのです。タバコのほうは禁煙本を3冊ほど読破しましたが、ただの時間の無駄に終わってしまい、運動のほうはいろいろ自分に言い訳をして三日坊主。まったくよくあるパターンです。

結局はがんばりすぎ、構えすぎはよくないんだなぁ・・・と思い、楽しながら続ける方法はないものかと…。で、考えたのが元来甘党なので、「走ったあとはアイスを好きなだけ楽しもう作戦」でした。ポイントは走らなければ、少ししか食べてはいけない!というプレッシャーをかけるのではなく、アイスクリームを食べたときの旨さを想像しながら支度をはじめ、家を出る。走り始めてしまえば、あとは成り行きで何とかなるもの。決して走る量を無理しない。歩いたって全然OK。次の日、がんばりすぎて身体が痛くて熱が出そう・・・なんて状態は言い訳の温床をつくるだけです。

とにかく手っ取り早く手に入るご褒美をせっせとつくって、それと引き換えに走り続ける。それがコツだと思います。ウエアーを買って、靴を買って、それでもしんどくなったらご褒美が服になり、食べ物になり、ゴルフクラブになり、と自分に対してある意味甘やかし続けるわけです。

それでもそんなに簡単な話ではなく、人間は欲張りだから飽きちゃうんですよね。そういう時は最終手段。レースへのエントリーです。出来ればそれを人に話す。これをしておけば嫌でも走ります。このときも軽~く考えてエントリーすること。あれこれ考えると不安になってエントリーしません。

そうやって自分をうまくだましながらも、レースに出て完走したらもう大丈夫です。プチ感動があなたを次のステップへ誘います。

と言いながらここのところ走ってなくて、その影響がお腹に来ていて、ヤバイヤバイと思いながらも寒さに負けて大盛りご飯を食べています。今夜走る用のご褒美を考えなくては。

BACK