facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

業務委員会

【業務】応急危険度判定士認定講習会の案内

OQ201701.jpg

【日 時】 平成29年9月22日(金)13:30~16:30  
【会 場】 大西・アオイ記念館 2階会議室
    (高松市上林町148)駐車場あり  
【受講料】 無料
【テキスト】 被災建築物応急危険度判定マニュアル
        2,050円(持参の場合は不要)
        ※当日会場でお支払い下さい。
【申 込 み】
(1)申込方法受講申込書.pdfを記載の上、FAXでお申し込み下さい。
   折り返し受講証をお送りします。郵送でも可能です。
(2)申込み期限:平成28年9月12日(月) 
   ただし定員になり次第締切り
(3)定員:45名
(4)申込み先:(一社)香川県建築士会
  〒760-0018 高松市天神前6-34
TEL 087-833-5377
FAX 087-833-5394
【講習内容】
 香川県土木部建築指導課担当者による
 「応急危険度判定基準及び調査判定マニュアルの解説」 
 「業務マニュアル・支援体制・判定申請等について」
 ビデオ「被災建築物の応急危険度判定訓練」等

OQ201702.jpg


[被災建築物応急危険度判定とは]
 被災建築物応急危険度判定とは、地震により被災した建築物について、その後の余震等による倒壊の危険性や建築物の部分の落下、転倒等の危険性を判定し、恒久的復旧までの間における被災建築物の使用にあたっての危険性を情報提供することにより、人命に係わる二次災害を防止することを目的とするものであり、判定は各都道府県で登録した応急危険度判定士が、建築技術者の目で判定基準に基づき行うものであります。
 阪神淡路大震災の教訓から制度化され、平成23年3月の東日本大震災では9万8千棟以上、昨年4月の熊本地震では5万5千棟以上の判定が行われ、被災住民の不安解消に大いに貢献しています。本県におきましても、平成7年度から応急危険度判定士認定講習会を開催しておりまして、現在597名余の方に認定登録していただき、熊本地震の判定活動には行政判定士12名、民間判定士10名が現地に派遣されました。
 建築士の皆様には被災建築物応急危険度判定の重要性とそのための判定士認定制度にご理解いただくとともに、多数の方が受講され、判定技術の研鑽と併せて「応急危険度判定士」に認定登録されますようお願いいたします。
[判定士としての認定要件]
 ご本人からの申請に基づき、有効期間を5年間として知事からの認定証を交付しています。
建築士法に規定する建築士であること
香川県内に在住または勤務する者であること
判定士認定講習会を受講し修了した者である事
被災時にボランティアとして応急危険度判定活動をする意思があること。
このうち、③の判定士認定講習会を香川県からの委託により、香川県建築士会が県との共催で実施するものです。
 
【お知らせ】
 香川県では「香川県地震被災建築物応急危険度判定士資格認定制度要綱」を改正し、平成27年4月1日からは、更新時に再度受講する規定を削除するように見直されました。
 29年度の更新対象者(有効期限が平成30年3月31日の方)には、「更新登録申請書」を郵送いたしますので、「認定証の写し」を添付して、決められた期日までに(一社)香川県建築士会へご提出下さい。
 過去に応急危険度判定士に登録したことがある方で登録期限が切れている方も、「認定申請書」と「認定証」又は過去に受講した「受講修了証の写し」を提出いただければ新規の登録をいたします。登録を希望する方には申請書をお送りしますので、(一社)香川県建築士会までご連絡下さい。
申請書等は香川県土木部建築指導課ホームページからダウンロードできます。
トップ ⇒ その他法令等 ⇒ 被災建築物応急危険度判定

【業務】平成28年度施設見学会のご案内

       高松市こども未来館(たかまつミライエ)施設見学会のご案内
                                                                                                                                                                                    業務委員長 藤岡 旭
 
 平成28年度の業務委員会が企画する施設見学会は、高松市こども未来館(建物の愛称は「たかまつミライエ」)です。高松市松島町の旧市民文化センター跡地に建設され、11月23日にオープンしています。7階建ての建物には、子どもを主体とした、子どものための施策・事業を実施する「高松市こども未来館」を中心に、「高松市夢みらい図書館」、「高松市平和記念館」、「高松市男女共同参画センター」を併設し、子どもから大人まで幅広い世代の人たちが交流と賑わいを生み出すことを目指した施設です。是非ご参加下さい。
 

【日時】     平成29年1月31日(火)  
 申し訳ありません。日にちに訂正がありました!ご注意ください。
                         集合時間   9:45
                         見学時間 10:00~12:00

【集合場所】     たかまつミライエ 1階メイン入口
                          (住所:高松市松島町一丁目15番1号)

【募集人数】     30名 

【参 加 費】      無料(※駐車場代は有料)

【申込要領】     下記申込書に氏名、連絡先を記入の上、建築士会事務局
                        (FAX 087-833-5394)までお申込み下さい。

【申込締切】     平成29年1月11日(水

【当日の連絡先】090-4340-7548 (業務委員会副委員長 後藤)

※当日は設計者・施工者からの説明を予定しています。

 たかまつミライエ施設見学会参加申込書.pdf

shisetsu-kengaku.jpg




被災建築物応急危険度判定模擬訓練に参加して

 地震において被災した建築物の応急危険度判定の現地模擬訓練が、10月25日に善通寺市において開催され、私も初めて参加させて頂きました。参加人員は28名、5班に分かれ各班2チームの編成で、実践さながらのオリエンテーションの後、判定資機材を受取り訓練の開始となりました。
 現着後の判定時間は概ね1棟、15分程度という想定で、解体途中の市営住宅を被災家屋として、訓練を開始いたしました。判定調査表に則り判定を進めてまいるのですが、項目の中には判定を戸惑うものもあり、現地での応対において得るものも多くあり、この模擬訓練での成果が、実際の現場において役立つものであると確信いたしました。
 また、訓練途中において、被災された住民に扮したかたちでの模擬質問もあり、実際の災害時さながらの応対が求められました。
 この応対の中から、被災建築物の応急危険度の判定を行うことは、要領のよいスピード感も重要ではありますが、終の棲家である大切な家屋の被災に立会い、また、被災家族と遭遇する中でも、被災者の心情に寄り添いながらも、的確で適正な判定を行う重要な使命があることを再認識いたしました。

     高松支部  山地芳和

OQ201601.jpg

OQ201602.jpg

OQ201604.jpg

【業務】熊本地震 被災建物応急危険度判定士派遣報告会に参加して

 4月14日、16日と二度の震度7を観測した熊本地震。余震による建物倒壊等の二次被害を防ぐため、香川県からの要請を受け建築士会から10名の建築士が被災建物応急危険度判定士として派遣されました。
 被災地で判定活動したメンバーの報告会が開催されました。前半は四国職業能力開発大学校の磯野重浩先生より判定時の報告、地震後の現地の状況や経過、出身地であるご自身の感想などを含めた報告を頂きました。後半は遠藤会長を座長とした座談会形式で、参加メンバーの色々な体験・感想・意見を聞くことができました。
 活動内容は模擬訓練等で分っているつもりだったのですが、現地状況等の情報不足、地理的不安、日々変わる状況変化等のなかで苦労されたようです。また、被災住民とのコミニュケーションも重要のようです。私たちの判定活動と行政が行うり災証明のための現況調査が混同されたこともあったようです。
 現地で判定活動されたメンバーならではの生の声、意見を聞くことができ大変有意義な報告会でした。また、現地行政の受入れ体制は素晴らしかったようですが、私たちが受入れ側になった時のことも含め多くの問題点・関係機関との連携が今後の課題ではないでしょうか。

kumamoto-1.jpgのサムネイル画像kumamoto-2.jpg

kumamoto-3.jpgkumamoto-4.jpg

【業務】被災建築物応急危険度判定模擬訓練のご案内[満席になりました]

本日(10月7日)満席になりましたので、これ以降はキャンセル待ちとさせていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地震によって被災した建築物の応急危険度判定の模擬訓練を実施します。講習会だけでなく現地訓練に参加することで、判定技術の研鑽に努めていただきたく、多くの判定士の方々の参加をお待ちしております。また、判定士の資格をお持ちでない建築士の方々も模擬訓練に参加することで判定士資格を取得できますので参加をお待ちしております。
 
■日  時:平成28年10月25日(火)13:30~16:30 (雨天決行)
■参集場所:善通寺市中央公民館
          善通寺市善通寺町6丁目10-25 TEL 0877-62-4969
■訓練場所:公営住宅(参集場所から徒歩約6分)
      参集時間等の詳細は参加者にFAXでお知らせいたします。
■申込方法:下記申込書をFAXでお送り下さい。
■締 切 り :平成28年10月20日(木)
■定    員:会場の関係上参加人数は30名までとさせていただきます。
      (先着順)
■参 加 費 :無料、テキスト代1,400円(持参の場合は不要)
        参集場所までは各自でご集合願います。