facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

調査研究委員会

【調査研究】一級建築士製図試験課題 類似施設見学会 報告

 調査研究委員会では二級建築士製図受験講習会を続けていますが、初めての企画として、(天野専務理事の肝いりで)8月27日の土曜日、「一級建築士設計製図試験」を受験する方のために(早く建築士になってもらいたい!)、課題「子ども・子育て支援センター」(保育所、児童館・子育て支援施設)の類似施設見学会を開催致しました。
 
 善通寺市にある「吉原保育所」と坂出市にある「かがわ子ども・子育て支援センター」にお願いしたところ、運営中にもかかわらず快く見学会を引き受けて頂きました。当日、設計者の(株)真鍋令建築設計事務所の石川氏・小畑氏、(株)清和建築設計事務所の神余氏・新名氏においで頂き、プランニングの考え方から・動線・基本モデュールや試験時に注意すること等も教わり、大変参考になったのではと思います。机上で参考プランを見るより、現物を見ること・体験することでインスピレーションが備わると思います。

chousa02.jpg

chousa01.jpg 

 会報が届く頃は試験が終わっていると思いますが、この企画が参考になり多くの方が合格することを祈っております。
 
 文末になりましたが、真鍋設計及び清和設計の各事務所4名の方々、青年部会の協力して頂いた方々、ありがとうございました。

      調査研究委員長 鉄川裕崇

 

【調査研究委員会・小学校PJ】高松市立栗林小学校編

20130628-001.jpg 2013年6月28日(金)に、小学校PJ「緑の課外授業」の一環で高松市立栗林小学校へ授業に行ってきました。
栗林小学校は学年6クラスもあり、ほぼメンバー全員での授業となりました。
環境学習もしっかりとしていて水や森林の話しを、すごく興味深く聞いてくれました。

【調査研究委員会・小学校PJ】綾川町立羽床小学校編

20130621-001.jpg 2013年6月21日(金)に、小学校PJ「緑の課外授業」の一環で綾川町立羽床小学校へ授業に行ってきました。
講師は折目さんで、クイズ形式で小学生の心をつかみ、宿題でお願いしていた動植物のスケッチをつかって食物連鎖を楽しく説明し、助けあいの話しから森林の大切さや、仲間、友だちの大切さを子どもたちに丁寧に伝えていきました。

土壁ネットワーク 2011年度試験結果発表会 開催のお知らせ

日時  2012年5月19日(土)15:15~17:30
場所  四国職業能力開発大学校 第3試験場・教室
講師  宇都宮直樹 准教授 (四国職業能力開発大学校 住居環境科)
参加費 1,000円
内容     《テーマ1》土質力学に基づく土塗壁の力学モデルの構築
           《テーマ2》石膏ラスボード面材耐力壁の実大実験
参加申し込み
      メール info@tutikabe-net.jp
             FAX       087-831-8663
             NPO法人土壁ネットワーク(大西泰弘)
     高松市亀井町8-12 (有)田園都市設計内
     TEL  087-831-8662
詳細はこちら   発表会案内.pdf

調査研究委員会  委員長 川西 修

調査研究委員会   

委員長 川西 修
 
 
 22年度は、特別な調査等も無くて通常の下記業務のみでした。
 
 1 二級建築士受験準備講習会の実施
 2 全ての建築士のための総合研修の実施
 3 建築士定期講習会の実施
 
 委員会で「要検討事項」として問題になっていることの一つに「二級建築士受験準備講習会のあり方」があります。年々受講者が減少して22年度の学科講習会の受講者数はわずか4名で、合格者数は0名という状態でした。「受験産業が台頭する今、学科講習会については一時期休んで、もうひとつの製図講習会に全力を傾注して様子を見たほうが良い」と言う意見が大多数でした。

 
 昨年度の調査報告書が、香川県教育委員会から「香川県の近代和風建築」として発刊されましたので是非ご一読ください。携わった皆様のご苦労がにじみ出ている様な良いものになっていると思います。
 
 
■ 土壁研究会
 
  「検証試験からわかる木造住宅と±壁」の連載
 
特定非営利活動法人土壁ネットワークが2006年度から行ってきた耐力壁としての土壁に関する耐力試験成果から分かったことについて、建築士会会員の方々の業務に役立てていただけるよう、さぬき瓦版2010年6月号から2011年5月号まで12回に渡って連載しています。
 
■建築士会全国大会・交流プラザへの出展
 
徳島大会、山形大会につづき2010年の佐賀大会・交流プラザに出展し、全国の建築士の方々に向けて本会の研究を発表しました。報告書やパンフレットを配布するなど、土壁のほか木造建築などを研究するグループとの情報交換を行いました。土壁を縁に全国で木造建築を研究する人たちとのつながりが広がりつつあります。
 
■小学校ブロジエクト研究会
 
 昨年度までの3年間、地域貢献活動として香川県下の小学校を対象に、森と水と建物について出張授業を行ってきた『小学校プロジェクト』が、今年度は調査研究委員会の『小学校プロジェクト木と森の会』として新たに活動を始めました。22年度は、丸亀市立栗熊小学校(2010.9.7)、丸亀市立垂水小学校(2010.9.17)、高松市立上西小学校(2010.11.12)の3校7クラスにて授業を行ってきました。座学中心のスタイル、クイズ形式のスタイル、映像を活用したものなど、講師各々がテーマ・授業構成を考え、活気ある素晴らしいものになったと思います。22年度の活動の中で得た経験や問題点を生かし、23年度の活動へ繋げていければと考えています。