facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

総務委員会

【総務】建築士会全国大会「さいたま大会」

第61回 建築士会全国大会「さいたま大会」
歴史に感謝 未来に約束
今 埼玉に集う 彩り豊かな暮らしの創造
 
本年度の建築士会全国大会は10月26日(金)に開催されます。皆様のご参加をお待ちいたしております。
【日程】(注:見学先等は都合により変更になる可能性があります。それぞれの予定時間は交通状況により変わる場合があります。)
10月26日(金)
高松空港集合(8:45)
高松空港発 JAL467 9:45→11:00(羽田空港)
羽田 11:30===大宮12:30===13:00 全国大会会場(大宮ソニックシティ) 
大会終了後 会場出発17:30===18:15 川越(川越東武ホテルチェックイン)
料亭川島(懇親会)19:00~21:00 → ホテル
10月27日(土)
ホテル発 8:30===小江戸等観光(10:30迄)
===〈関越道→圏央道経由→藤沢〉
藤沢近辺昼食(12:00~13:00)
===13:20 鎌倉観光(鎌倉大仏・鶴岡八幡宮・東慶寺等)
鎌倉発 16:00 羽田へ===16:50
羽田空港発 JAL485 18:00→19:15 高松空港着
(空港にて解散)

【募集人数】40名
【参加費】1人65,500円から20,000円(本部補助)を差し引いた45,500円より各支部の補助額をさらに引いた金額が自己負担となります。
参加希望者は7月23日(月)までに各支部へ申し出て下さい。
各支部で取りまとめて事務局へ連絡下さい。
※参加者へは後日それぞれの支部補助額を差し引いた額をご連絡いたしますので、参加費を指定の期日までに事務局へ持参または振込にてお支払下さい。  
【問合せ】士会事務局
TEL 087-833-5377 
FAX 087-833-5394
詳細はこちら 日本建築士会連合会HP
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/zenkokutaikai/61th-saitama/index.html

第60回建築士会全国大会「京都大会」参加報告

今年の京都大会は私の建築士会活動の中で特に思い出深い大会となりました。
12月8日、本部仕立てのバスは朝、高松駅を発ち、中央インター、津田サービスエリアで近在のメンバーと合流して淡路島経由で京都へ向かいました。大会会場に入る前に、京都鉄道博物館に立ち寄りました。大会会場に入る直前なので、見学時間が短く「もったいないなー。」と思いつつ写真を撮り回りました。
 
京都大会の会場は平安神宮手前の「みやこメッセ」。数々の展示物があって目移りしたのですが、表彰を受ける前なので、早々に指定席の方へ向かいました。
 
今年の大会のメインテーマは「山とまちと木造建築」、オープニングセレモニーは「釿始め」、平安時代から番匠(御所務めの大工)による安全を祈願するための儀式で、厳かに式典が始まりました。約2時間後、次期開催地の埼玉県建築士会会長の挨拶で式典が終了しました。
 
式典に参加している間に外では雨が降ったらしく、しっとりした「みやこメッセ」を離れ、今日の宿のびわこ温泉「湯元館」へと向かいました。初日の最後のお楽しみは夜の宴会、今年は表彰者ということで、初めて上座のまん中に座らせてもらいまいした。遠藤会長の挨拶の後、乾杯をしていつもの楽しい時間を過ごすことが出来ました。今年は現地参加した青年委員会のメンバーも加わり、盛り上がった宴会となりました。
 
2日目はびわこ温泉から、うっすら雪の積もった山越えで、大原三千院へ向かいました。こちらは庭が素晴らしく、朝のすがすがしい時間を散策しました。次は知恩院に向かったのですが、本堂が大改修中ということで中には入らず、時代劇で有名な三門を写真に収め、横の青連院の見学に変更しました。昼食は「かがり火」で京都名物の湯豆腐、楽しい食事会となりました。
 
昼食後はサントリーの山崎工場見学の予定をキャンセルして自由時間となりあました。約1時間でしたが私は近くの八坂神社へ行きました。ここで気が付いたのは着物を着ている若い女の人が多いことでした。しばらく観察していると中国語・韓国語を話す人ばかり。バスの中で聞いた話ではレンタルで着付けをしてもらって、歩いて記念撮影をするとのこと。日本も国際化が進み、外国人観光客が増加していることを実感しました。
 
最後に今回お世話いただいた総務の白石委員長、天野専務理事、大変ありがとうございました。これからの建築士会活動に向かう元気をいただきました。再度感謝いたします。

高松支部 鹿谷 公三
 
kyouto01.JPG

平成29年度(第33回)建築士会【建築設計競技】応募要領

課題:元高松空港跡地に建つ『近代の香川を支えた公共交通ミュージアム』

主旨・課題
香川県、特に高松市は明治以降の近代化が進む過程において様々な公共交通機関の変遷を経験している。例えば海路、数十年前まで、本州へ渡るには連絡船やフェリー等で海を渡る以外の選択は無く、スローな時間が懐かしい。一時期ではあるが、ジェットホイールやホバークラフトも就航した。今でも島々との海上交通はなくては成らない手段である。
陸路、鉄道路線では高松市内に路面電車も走り、仏生山から塩江温泉を結ぶガソリンカーと称する鉄道もあったが、その事を知る県民も少なくなった。瀬戸大橋の開通により鉄道或いは高速バスそして高速道路網は一気に香川県民へ便利さを享受した。
空路は旧高松空港から飛び立つYS-11の姿を懐かしむ方も多いと思うが、旧高松空港の歴史、太平洋戦争の戦局が厳しくなった昭和19年陸軍の林飛行場として建設された当時、旧林村の半分以上が接収され、戦後はその一部が旧高松空港となった。旅客機のジェット化が進み、旧飛行場での滑走路拡張は断念され、高松空港は香南町に移転された。県民が経験した交通の変遷に触れられる『資料館』を課題とする。
 
敷地
高松市林町・サンメッセ香川臨時駐車場の一部。(位置は計画敷地図を参照)敷地南側は当該施設の専用駐車場を想定する。
周辺地図・敷地図.pdf

 sikitizu.jpg
map.jpg

設計要件
 ・香川県内、明治以降の陸・海・空の過去の公共交通機関に関する文献や写真或いはジオラマや模型等で子供たちにもわかりやすく紹介するための施設とするが、軽食等を提供できる厨房スペースと開かれた休息の場を提供する施設とする。
 ・構造は木造とし、周囲との調和に配慮する。階数は2階建て以下、施設面積は500㎡程度とする。
 
仮想建物の平面図
1. マスタープラン図(表現方法、縮尺は任意、スケッチ・イメージ透視図による表現も自由とする)
2. 上記図面に計画要旨を簡単(600字程度)に記載する。
3. 図面はA3サイズ3枚以内とし、用紙の材質は自由とする。
 
応募要項
1. 応募資格:本会会員及び準会員とする。
 2. 提出期限:平成30年3月5日(月)
郵送の場合は当日の消印が有るものは有効とする。

3. 提出先:一般社団法人 香川県建築士会
4. 提出方法:計画図及び応募者を明記(住所、氏名(フリガナ)、連絡先、勤務先)した用紙(A4)を合わせて提出する。
5. 質疑応答:質疑期限は12月12日(火)
書面(FAX可)にて建築士会事務局まで提出する。回答は近々に建築士会ホームページ及びさぬき建築人1月号に掲載する。
 
審査員
1. 審査員は次の9名とする。
 富岡 学 (香川県建築士事務所協会 会長)
 佐藤昌平(日本建築学会四国支部長 副支部長)
 冨田妃登志(日本建築家協会四国支部香川地域会会長)
 遠藤孝司(香川県建築士会 会長)
 山上紀麿(    〃      副会長)
 金本一成(    〃      高松支部 支部長)
 白石雄三(    〃      総務委員長)
 増田晃一(    〃      青年委員長)
2. 応募者には審査会にてプレゼンテーションを行って頂きます。審査会は平成30年3月12日(月)午後、会場は香川県社会福祉総合センターの予定(変更の場合あり)。
3. 審査結果は、応募者へ通知すると共に平成30年度通常総会にて公表し、総会記念誌に掲載する。
 
入賞賞金
金賞:1点  賞状・賞金(200,000円)
   銀賞:1点  賞状・賞金(100,000円)
   銅賞:1点  賞状・賞金 (50,000円)
 なお、応募者全員(入賞者は除く)に参加賞を贈呈する。
 
その他
応募作品は返済しません。作品の著作権は応募者に帰属する。設計競技の審査結果以外にも香川県建築士会の判断で公表展示することが有ります。

※応募者(希望する方)には敷地の概略データ(DXF・PDF)データを提供いたします。

注意:なお、この設計協議は自治体等の計画・事業とは一切関係ありません。あくまでも、一般社団法人 香川県建築士会独自の企画です。

【建築設計競技】審査会日程について

平成28年度(第32回)建築士会設計競技の応募締め切りは3月8日(水)となっております。
提出後、応募要領にありますように、審査会で5分程度のプレゼンテーションを行って頂きます。
つきましては、審査会の日程をお知らせしますので、作品の作成と合わせてご準備の程、よろしくお願いいたします。

【審査会日時】平成29年3月13日(月)15:00~
【会場】香川県社会福祉総合センター 6F 第一研修室

皆さまのご応募をお待ちしています。

【建築設計競技】敷地図の訂正

平成28年度(第32回)建築士会【建築設計競技】応募要領の中の
【2】敷地において訂正がありましたので、お知らせします。

仮想計画敷地の県庁通りに面した底辺は
35m ではなく
40m として下さい。
面積は変わりません。

以上、お詫びして訂正いたします。

仮想計画敷地図.pdf

sekkei-compe2016.jpgのサムネイル画像