facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

総務委員会

平成27年度(第31回)建築士会建築設計競技応募要領

主旨
高松市福岡町には、世界的建築家丹下健三氏(故人)の設計により1964年に竣工した香川県立体育館がその役目を終えようとしている。しかし独創的な舟形がとても魅力的なこの建物は多くの県人から壊すには忍びないと言う声が聞かれるのも事実である。しかし残すとするならばこの建物の外観形状は維持しながら、どんな施設とするのかも重要な課題となるでしょう。
本年度の香川県建築士会の設計競技では、耐震化等の数々の問題点はさておき、これからもこの建物を何かの形で存続させる事を前提に、施設のリノベーションの可能性を提案してください。
 
敷地
現在の県立体育館(閉鎖中)の所在地とします。
 
設計要件
施設の各階を通したリノベーションの提案を行う。外部(外観)は出来るだけ現況を保持する事。
 
仮想建物の平面図
1、マスタープラン図(表現方法、縮尺は任意。 スケッチ・イメージ透視図による表現も自由とする)
2、上記図面に計画要旨を簡単(400字程度)に記載する。
3、図面はA3サイズ2~3枚以内とし、用紙の材質は自由とする。
 
応募要項
1、応募資格:本会会員及び準会員とする。
2、提出期限:平成28年3月10日(木)
郵送の場合は当日の消印が有るものは有効とする。
3、提出先:一般社団法人 香川県建築士会
4、提出方法:計画図及び応募者を明記(住所、氏名(フリガナ)、連絡先、勤務先)した用紙(A4)を合わせて提出する。
5、質疑応答:質疑期限は12月8日(火)とし、書面(FAX可)にて建築士会事務局まで提出する。回答は近々に建築士会ホームページ及びさぬき建築人1月号に掲載する。
 
審査
1、審査員は次の9名とする。
富岡 学 (香川県建築士事務所協会 会長)
佐藤昌平(日本建築学会四国支部長 副支部長)
野村正人(日本建築家協会四国支部 支部長)
遠藤孝司(香川県建築士会 会長)
山上紀麿(    〃      副会長)
金本一成(    〃      高松支部 支部長)
白石雄三(    〃      総務委員長)
増田晃一(    〃      青年委員長)
藤田 摂 (    〃      理事)
 
2、3月下旬に開催する審査会で5分程度のプレゼンテーションをお願いする。
3、審査結果は、応募者へ通知すると共に平成28年度通常総会にて公表し、総会記念誌に掲載する。
 
入賞賞金
金賞:1点 賞状・賞金(200,000)
銀賞:1点 賞状・賞金(100,000)
銅賞:1点 賞状・賞金 (50,000)
  ※なお、応募者全員(入賞者は除く)に参加賞を贈呈する。
 
その他
応募作品は返済しません。作品の著作権は応募者に帰属する。設計競技の審査結果以外にも香川県建築士会の判断で公表展示することが有ります。
応募者(希望する者)には平面・断面等のデータを提供いたします。なお、この設計競技は自治体等の計画・事業とは一切関係ありません。あくまでも、一般社団法人香川県建築士会独自の企画です。

2015sekkei-kyougi.pdf
 
2015sekkei-kyougi.jpg

BACK

NEXT