facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

総務委員会

第60回建築士会全国大会「京都大会」参加報告

今年の京都大会は私の建築士会活動の中で特に思い出深い大会となりました。
12月8日、本部仕立てのバスは朝、高松駅を発ち、中央インター、津田サービスエリアで近在のメンバーと合流して淡路島経由で京都へ向かいました。大会会場に入る前に、京都鉄道博物館に立ち寄りました。大会会場に入る直前なので、見学時間が短く「もったいないなー。」と思いつつ写真を撮り回りました。
 
京都大会の会場は平安神宮手前の「みやこメッセ」。数々の展示物があって目移りしたのですが、表彰を受ける前なので、早々に指定席の方へ向かいました。
 
今年の大会のメインテーマは「山とまちと木造建築」、オープニングセレモニーは「釿始め」、平安時代から番匠(御所務めの大工)による安全を祈願するための儀式で、厳かに式典が始まりました。約2時間後、次期開催地の埼玉県建築士会会長の挨拶で式典が終了しました。
 
式典に参加している間に外では雨が降ったらしく、しっとりした「みやこメッセ」を離れ、今日の宿のびわこ温泉「湯元館」へと向かいました。初日の最後のお楽しみは夜の宴会、今年は表彰者ということで、初めて上座のまん中に座らせてもらいまいした。遠藤会長の挨拶の後、乾杯をしていつもの楽しい時間を過ごすことが出来ました。今年は現地参加した青年委員会のメンバーも加わり、盛り上がった宴会となりました。
 
2日目はびわこ温泉から、うっすら雪の積もった山越えで、大原三千院へ向かいました。こちらは庭が素晴らしく、朝のすがすがしい時間を散策しました。次は知恩院に向かったのですが、本堂が大改修中ということで中には入らず、時代劇で有名な三門を写真に収め、横の青連院の見学に変更しました。昼食は「かがり火」で京都名物の湯豆腐、楽しい食事会となりました。
 
昼食後はサントリーの山崎工場見学の予定をキャンセルして自由時間となりあました。約1時間でしたが私は近くの八坂神社へ行きました。ここで気が付いたのは着物を着ている若い女の人が多いことでした。しばらく観察していると中国語・韓国語を話す人ばかり。バスの中で聞いた話ではレンタルで着付けをしてもらって、歩いて記念撮影をするとのこと。日本も国際化が進み、外国人観光客が増加していることを実感しました。
 
最後に今回お世話いただいた総務の白石委員長、天野専務理事、大変ありがとうございました。これからの建築士会活動に向かう元気をいただきました。再度感謝いたします。

高松支部 鹿谷 公三
 
kyouto01.JPG

BACK

NEXT