facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

女性委員会

第28回全国女性建築士連絡協議会(高知大会)報告

女性委員会  安藤 真由美

7月28日・29日に高知市で開催された第28回全国女性建築士連絡協議会に参加しました。
1日目の全体会では、宮城、福島、熊本、大阪の被災状況、復興の現状についての報告がありました。その中で印象的だったのは、災害での反省点が生かされず次に起こった災害でもまた同じような被害がでてしまうということでした。
報告を聞いただけではだめで、それを拡散したり、実際に行動に起こしたりということが大切だと感じました。
今の私のままでは、もし明日大きな災害が起こったら、何もできなかったと悔しい思いをすると思います。
そうならないように何か行動をおこさなくてはと思いました。
 その後、建築家の山本長水氏の基調講演を聞きました。高知県独自の土佐漆喰、土佐和紙、地元の木材を使った数々の作品を通して、地域に根付いて持続可能な建築を作っていくことについての講演でした。
講演を通して、本年度の全建女のテーマ「未来へつなぐ居住環境づくり」、サブテーマ「一周おくれで先頭に 伝統こそ最先端」の意味を深く実感しました。

 2日目は8つの分科会の中から「既存民家の活用」に参加しました。単に既存民家を改修して利用するというだけではなく、消滅の危機にある徳島県神山町を救うという大プロジェクトについてのお話を聞きました。
人が暮らしていくためには家ももちろん必要ですが、仕事、人間関係、子育て環境、富が循環する仕組みなどたくさん必要なものがあり、それらを同時並行で進めてきた2年間の活動内容、今後の課題などの報告をききました。
 2日間を通して、通常業務である目の前のお施主様に喜んでいただくということだけではなく、建築の知識を生かしてもっと広く社会の役に立てるような人になっていきたいと思いました。


BACK