facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

女性委員会

【西讃支部青年部会・女性委員会合同事業】日帰りバスツアー『大阪 太陽の塔 + 旧小西家住宅 』 報告 

女性委員会 藤本たみ

 11月10日に西讃支部青年部会・女性委員会合同事業で開催された日帰りバスツアー『大阪 太陽の塔 + 旧小西家住宅 』に参加しました。秋晴れの青い空、緑の公園を抜け、白い太陽の塔を見上げながらさわやかな気分で内部に入りました。ところが地下の展示を進むにつれ、段々と怪しい雰囲気に包まれて行きます。中央の塔内の壁は赤く体内のようで、波状に突起した鉄板は、音を反射させたり吸収したりする役割があるそうです。中央のカラフルな木には生命の進化の過程がオブジェで表現されており、時間の経過や生命のエネルギーが昇るイメージを感じとってほしい意図があります。塔を登りきると両腕の内部が見られます。骨組みを上手くライトアップしており、異次元に吸い込まれて行きそうな未来的な雰囲気に見とれてしまいました。

 旧小西家住宅の周辺は歴史的建造物が多く残っており、またその多くは店舗として利用されていることもあり、昼食を兼ね自由散策の時間がありました。わたしが訪れた新井ビルは大正11年に建てられた銀行でしたが、現在は1階は洋菓子店舗となっており、吹抜けで繋がった2階部分は喫茶サロンとして利用されています。とても優雅で特別な時間を味わうことができました。

 旧小西家住宅は、一般公開されていない建物ですが、今回特別に案内をして頂けました。黒漆喰の高い外壁面は鎧壁となっており、とても重厚な雰囲気です。土間を抜けると大きなかまどがある炊事場があり、ここでは50人もの食事が賄われていたそうです。店舗、住居、倉庫は庭により区分されており、大所帯でありながら暮らしの豊かさを感じさせます。

 大勢で見学すると他者の視点での気づきがあり、一人のときよりも得られる情報量が多い気がします。それぞれの見学時間に物足りなさを感じるところもあったかもしれませんが、それぞれの交流を通じ内容の濃い見学会になったと思います。

syuugousyasinn.JPG

machinami.JPG

BACK

NEXT