facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

青年委員会

平成29年度中四国若手建築志(士)交流会in徳島(出羽島) 参加報告

1.JPGのサムネイル画像

TTC  青山 愛

9月23日・24日、中四国若手建築志(士)交流会in徳島(出羽島)に参加してきました。

 1日目はまず船で出羽島へ渡り、『出羽島の歴史と民家』と題し伝統的な「ミセ造り」などの家屋の特徴や、集落の成り立ちなどの説明を受けました。その後、実際に町並みを歩いて見学しました。島には車が1台もなく のんびりしていて、昔ながらの木造家屋が並ぶ風景はどこか懐かしく癒されました。出羽島の集落は、今年の2月に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されており、今後も空家を改修・再生する計画があるとのことでしたので、また機会があればゆっくり訪れてみたいと思いました。

 出羽島から戻ってからは牟岐少年自然の家へ移動し、夜には懇親会beer(BBQ)が行われました。美味しいお肉や海鮮をいただきながら、各県の参加者の方々とたくさんお話ができ、楽しい時間を過ごすことができました。

 2日目は閉会式に参加した後、TTCで計画を立て、上勝町のRISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Storeに立ち寄ったり、藍住町で藍染体験をしたりと、徳島県を満喫し香川に帰ってきました。この2日間を通して、隣の県でもまだ知らない魅力・行ったことのない場所がたくさんあることを改めて知りました。
 来年の6月には、「青年・女性建築士の集い 中四国ブロック大会」が香川で開催されます。中四国各県の皆さまをお迎えし、香川の魅力もアピールできるよう、しっかり準備を進めていきたいと思います!

【青年・女性】新規免許登録者セミナー報告

平成28年3月5日、高松市生涯学習センター「まなびCAN」にて、平成27年1級・2級・木造建築士試験合格者を対象に、新規免許登録者セミナーが開催されました。合格者の7割以上にあたる48名が参加し、建築士の業務と責務について学びました。セミナーの後、免許証明書(免許証)の交付を受け、改めて合格の喜びを実感されました。

セミナーの様子が3月11日の建通新聞に掲載されました。

sinki-seminer2015.jpg


新規セミナー交付.jpg

遠藤会長より免許証明書を手渡されました。

新規セミナー活動報告.jpg
各支部青年部会、女性委員会、TTCによる活動紹介








【青年】中四国ブロック大会広島大会【パネル賞受賞】

6月13日・14日に開催された中四国ブロック大会広島大会において、各県建築士会員による9つのパネルについて投票を行い、香川県の「街角遺産 -the local heritage―」が選ばれました。おめでとうございます!

中四国ブロック大会資料_02_2015_04_18.jpg

中四国ブロック大会資料_01_2015_04_18.jpg

中四国ブロック大会広島大会の特設ホームページ→大会内容
「まちづくり活動パネル展」のページに掲載されています。

http://den2015.com/contents/panel/

【青年・女性】新規免許登録者セミナー&祝賀会 報告

 平成26年建築士試験の結果、1級建築士合格者21名、2級建築士合格者43名の新しい建築士が誕生しました。その新しい建築士のほとんどの方に参加していただき、2月28日に新規免許登録者セミナーを開催しました。

 近年、阪神淡路大震災、東日本大震災など、今までの建築の在り様にまで大きくかかわる様な災害にみまわれ、大きな課題にも直面し、今なお被災地では災害復旧に懸命の努力が続いています。その中で、建築士に求められる資質・能力の確保、高度な専門能力を有する建築士による構造計算及び設備設計の適正化、建築士事務所の業務の適正化、団体による自立的な監督体制の確立等に取り組み方を、限りある時間の中で学んでいただきました。

 セミナー後の祝賀会では建築士会がどのような活動をしているのかをアピールし、またそれぞれ建築に携わる者同士として大変貴重な意見交換をさせていただきました。

青年委員長 増田晃一

   
seminar270228.jpg

平成26年度 青年・女性建築士の集い 中四ブロック徳島大会に参加して

                                                                                                                 2014071401.jpg                                                                                                                                                                                                                                  高松支部青年部 赤松 大輔                                                                                                                                                                                                                                                                              6月14日・15日に徳島県徳島市で開催された、中四ブロック徳島大会に参加してきました。この大会は我々建築士が日頃行っている活動を発表する場なのですが、今年の大会は徳島県建築士会さんの試みで参加者と発表を関連分野ごとに三つずつ4グループに分け、各グループでグループごとの題目でワークショップと発表の予選を行い選出された各グループ1組の計4組だけが本選の全体大会で発表できる仕組みでした。そしてなんといっても今年は香川県の代表として発表したのが、私の所属する高松市部青年部会でした。まず開会式の後参加者は四つの各グループ(私たちは「まなぶ、育む」グループ)に分かれ、最初に活動発表、いよいよ我らが高松支部の発表です。発表者は六車さん。常日頃我々が行っている活動の報告発表を行い、最後に「うどん県からの報告でした」の一言で、ややウケ結構良いのではないかと思いましたが・・・。その後のワークショップの題目が建築従事者の高齢化、若者を増やそう的な題目、内心これはマズイんじゃないかと思いましたが、やはりワークショップ後の代表選出では高知県建築士会さんの発表(子供たちで仮想の街をっ作って建築の楽しみを伝えるという発表)に決定、残念ながら本選出場とはなりませんでしたが、グループ代表の高知県建築士会さんの発表が本選で優秀賞、そして参加者投票で優秀賞決める各々の発表のパネル展示部門では我々の発表が優秀賞をいただきました。また夜の大懇親会では阿波踊りの有名連も登場し、さすがに徳島というところも見せていただきました。最後に今回はパネル展示部門で優秀賞をいただきましたが次回は発表で優秀賞をいただけるように、より良い活動を行っていきたいと思います。