CPDについて

CPDシステム

 

CPD(継続能力開発)制度とは努力している建築士の証です。

建築士会には改正建築士法第22条の4の規定により、すべての建築士に対する研修を行うことが義務付けられました。
そこで、会員・非会員の区別なく、すべての建築士と建築技術者に参加登録いただけるよう22年4月からCPD制度をオープン化し、継続的に勉強している建築士・建築技術者を社会・消費者へ明示できるようにしました。講習会や研修会に参加するごとに、受講した履歴をCPD単位として積み重ね、必要な時に建築士会が証明書を発行しています。
つまり、その証明書は継続的に勉強していることの証なのです。

すべての建築士、建築施工管理技士、建築技術者(電気工事施工管理技士等)の方に参加登録いただけます!

建築士会が建築士等の能力開発にふさわしい研修として認定した講習会等の研修プログラムにCPD参加者が出席し、その情報をCPD単位として建築士会が専用サーバに登録することでCPD参加者の履修履歴を蓄積します。この履歴に基づき、参加者の求めに応じて建築士会が証明書を発行する仕組みです。現在、多くの行政機関等が工事入札等において建築士会の発行する証明書を加点等評価の対象としています。

   

参加登録の流れ

「CPD参加登録申込書」 建築士の方申込書PDF  建築士以外の方申込書PDF-2

「CPD実績証明書発行願い」発行願いPDF

(1)参加登録手続きをする(FAXで申込書を送付⇒参加登録費の振込用紙が届く⇒費用を振り込む)または窓口で手続き
  ↓

(2)CPDカードが届く【注1】
  ↓

(3)香川県建築士会ホームページより「建築士会CPDシステム」を開き、認定プログラムを確認し講習会等に参加する
  ↓

(4)講習会会場でカードリーダーがあれば、CPDカードを通し、出席を登録する
    カードリーダーがない会場では、CPD登録番号とカナ氏名を専用用紙に記入する【注2】
  ↓

(5)講習会終了後、主催団体が参加者名簿データを香川県建築士会に送付する
  ↓

(6)香川県建築士会が「建築士会CPDシステム」に参加者名簿データを登録する
  ↓

(7)参加者は「建築士会CPDシステム」の参加者用画面で、自分の履修履歴を閲覧できる【注3】
  ↓

(8)必要な時に、CPD実績証明書発行願いを香川県建築士会に提出すれば、証明書が発行される【注4】

 

【注1】CPDカード発行までに2ヶ月くらいかかりますので、その間は会場でCPD登録番号とカナ氏名を記入して下さい。講習会によっては申込み時点で名簿を作成し、当日は出欠だけを確認することもあります。

【注2】参加登録手続き後から、履修履歴が登録されます。参加登録前の履修は登録できません。CPDカードを持っていない方(参加登録していない方)は、単位がつきませんので参加を希望する講習会までに登録手続きをして下さい。

【注3】インターネットができなくても問題ありません。個人履歴は連絡いただければ事務局でプリントアウトします。

【注4】証明書は「CPD実績証明書発行願い」を提出してから3日程度かかります。余裕を持って申請して下さい。なお、証明できるのは、資格取得後の履修単位です。

費用項目と金額

項目名 会員 非会員
初期登録費 0円 2000円
データ登録・管理費 1000円/年 3000円/年
CPDカード発行費 1000円/1発行(送料を含む) 2000円/1発行(送料を含む)
証明書発行費 【注5】 500円/1通 2000円/1通
建築CPD情報提供制度 無料 希望者は別途利用費500円/年が必要
会誌提供サービス
受講料割引サービス
合計 初回 2,000円 7,000円
合計 2年目以降 1,000円 3,000円

【注5】高松市建設工事入札参加資格審査に提出する場合、会社単位の証明書(発行費500円)を発行します。

認定教材研修申請について

 連合会誌「建築士」等、雑誌にはバーコードシールが印刷されていますが、設問への回答は「建築士会CPDシステム」から入力して下さい。香川県建築士会では22年4月から「建築士会CPDシステム」を活用していますので、バーコードシールを切り取っていただいても単位の登録はできません。インターネットができない方は事務局で対応します。ただし、香川県・高松市・建築CPD情報提供制度には自習型は認められていません。ご注意下さい。

行政によるCPDの取り扱いについて

国土交通省 国土交通省四国地方整備局 香川県・高松市 高松市
設計等業務委託(総合評価方式) 一般競争工事入札(総合評価方式) 一般競争工事入札(総合評価方式) 建設工事入札参加資格審査(25・26年度より)
・管理技術者、担当技術者の合計単位

・申請日の1ヶ月前までの1年間

・配置予定技術者のCPD取組状況

・5年間で50単位以上5点、型は問わない。

・配置予定技術者のCPD取組状況

・5年間で50単位以上10点、25単位以上5点

・技術職員の取得単位の合計

・5年間で30単位以上4点、30単位きざみで4点ずつ上乗せ、上限20点

建築CPD情報提供制度(建築教育技術普及センター)の証明書 香川県建築士会発行のCPD実績証明書 香川県建築士会発行のCPD実績証明書 香川県建築士会発行のCPD実績証明書(会社一括)
facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習