facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

本部からのお知らせ

既存住宅状況調査技術者講習【新規・更新】

令和2年度 既存住宅状況調査技術者講習のご案内です。
http://www.kenchikushikai.or.jp/koshukai/kizonjyutakujyokyochosa.html

注意!
【新規講習】は会場変更のため、WEB申込みを一時ストップしています。
ご不便をおかけしますが、しばらくお待ちください。(2020/8/6現在)


【更新講習】
2017年度に受講登録した方は更新の案内ハガキをお送りしました。
更新講習は3回開催しますので、ご都合のよい回にお申し込みください。

▼2020/ 9/ 1(火)13:30~16:30   定員:36名   
香川県青年センター(高松市国分寺町国分1009)

▼2020/10/14(水)13:30~16:30   定員:30名   
ユープラザうたづ(綾歌郡宇多津町浜六番丁88)

▼2020/10/27(火)13:30~16:30   定員: 36名   
香川県教育会館(高松市西宝町2-6-40)

受講料:郵送・窓口申込 17,600円(税込)
     WEB申込  17,000円(税込)
     
*いずれも無料駐車場あり

【新規講習】
会場変更のため、WEB申込みを一時ストップしています。
ご不便をおかけしますが、しばらくお待ちください。(2020/8/6現在)
日時は変更ありません。

▼2020/11/25(水)9:20~17:00    定員:15名   36名
香川県教育会館(高松市西宝町2-6-40)
香川県青年センター(高松市国分寺町国分1009)
受講料: 郵送・窓口申込 22,000円(税込)
    WEB申込   21,450円(税込)
*無料駐車場あり

(注)新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、定員は会場の収容人数の半数としております。
座席の間隔を取り、消毒液の準備、マスクの着用等、新型コロナウイルス感染症の予防対策を講じます。
受講生の方も講習当日はマスクの着用をお願いします。








立地適正化計画の改定及び適正な土地利用誘導の施行について【高松市都市計画課】

高松市では、将来にわたり持続可能なまちづくりに取り組むため、平成30年3月に「高松市立地適正化計画」策定し、都市機能誘導区域と居住誘導区域を設定することにより、医療・福祉・商業等の生活機能を確保し、地域の活力を維持するとともに、高齢者が安心して暮らせるよう、コンパクト・プラス・ネットワークの考え方の下、公共交通を基軸とした集約型都市の構築を目指しています。

30年後、50年後を見据えた都市構造の集約化に向けて、都市機能誘導区域及び居住誘導区域の変更を内容とする立地適正化計画の改定及び適正な土地利用誘導施策として、特定用途制限地域における規制内容の見直しを、令和2年7月27日から施行しましたので、お知らせします。

【特定用途制限地域について】
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/shinotorikumi/machidukuri/toshi/20200406_up.html

【高松市立地適正化計画】
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/shinotorikumi/machidukuri/toshi/tekiseika/index.html

【問い合わせ先】
高松市都市整備局都市計画課
TEL 087-839-2455

令和2年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題(7月22日発表)

令和2年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題
課題名  高齢者介護施設

詳細は(公財)建築技術教育普及センターのサイトをご覧下さい。
https://www.jaeic.or.jp/shiken/1k/1k-seizu.html

1kadai.jpg

「第29回マンションリフォームマネジャー試験」 「第36回住まいのリフォームコンクール」

(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターからのお知らせ 


「第29回マンションリフォームマネジャー試験」
 → http://mrm.chord.or.jp/landing/

 
「第36回住まいのリフォームコンクール」
 → https://www.chord.or.jp/tokei/contest_01.html  

 

令和2年二級・木造建築士試験「設計製図の試験」の課題(6月10日発表)

令和2年二級建築士試験「設計製図の試験」の課題
課題名:シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい(木造2階建て)
【要求図書】
1階平面図兼配置図[縮尺1/100]
2階平面図[縮尺1/100]
2階床伏図兼1階小屋伏図[縮尺1/100]
立面図[縮尺1/100]
矩計図[縮尺1/20]
面積表
計画の要点等

(注)答案用紙には、1目盛が4.55ミリメートル(矩計図については10ミリメートル)の方眼が与えられている。


(公財)建築技術教育普及センター
https://www.jaeic.or.jp/shiken/2k/2k-seizu.html



令和2年木造建築士試験「設計製図の試験」の課題
課題名:専用住宅(木造2階建て)
【要求図書】
〇必須
1階平面図[縮尺1/100]
2階平面図[縮尺1/100]
基礎伏図[縮尺1/100]
2階床伏図兼1階小屋伏図[縮尺1/100]
2階小屋伏図[縮尺1/100]
軸組図[縮尺1/100]
主要構造部材表(木拾い書)

〇選択(次のいずれか一つを試験時に選択する。)
柱杖図[縮尺1/10]
矩計図[縮尺1/20]

(注)答案用紙には、1目盛が9.1ミリメートルの方眼が与えられている。ただし、柱杖図については30.3ミリメートルごとに目盛りが与えられ、矩計図については10ミリメートルの方眼が与えられている。

【留意事項】
1階の和室は、真壁構造とする。
耐力壁については、筋かいにより構成するものとし、量とバランスを考慮して片筋かい・たすき掛けの配置計画を行い、平面図に凡例の表示記号にしたがって記入する。
柱杖図には、次のものを記入する。
(1)柱杖
(2)貫を含む主要部材の合印
(3)床高、天井高、軒高、開口部の内法高
(4)胴差・軒桁のせい
(5)G.L.(地盤面)から土台下端までの高さ、G.L.(地盤面)から軒桁上端までの高さ
矩計図における外壁の仕上げについては、試験問題において指定した仕様により行うものとする。

(公財)建築技術教育普及センター
https://www.jaeic.or.jp/shiken/mk/mk-seizu.html