facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

本部からのお知らせ

戸建住宅のリフォーム工事見積書作成実務講習会【(一財)経済調査会】

(一財)経済調査会四国支部から
戸建住宅のリフォーム工事見積書作成実務講習会【高松】のご案内

リフォーム工事の見積手法については、一般化・体系化されたものが広く普及しておらず、そのため施主等に提示される個々の見積書も統一性を欠いたものとなっているのが実情です。施主をはじめとした顧客の信頼を得るためには、適正かつ精度の高い見積書を作成・提示することが重要な課題となっています。
こうした状況を踏まえ、今般、リフォーム工事の見積書作成の基本を改めて学んでいただくことを目的に、当講習会を企画いたしました。

日時:2020年1月30日(木)10:00~16:30
会場:香川産業頭脳化センター
   高松市林町2217-15 (087-869-3700)
   会場URL https://www.kagawa-isf.jp/kiic/
講師:永元 博 (㈱住宅価値創造研究所 代表取締役)
受講料:1名 7,000円(税込)
テキスト:「技術知識と工程から導き出す住宅リフォーム見積り作成の手引き」
     特別価格 3,500円(税込)(定価3,850円(税込))
     お持ちの方は当日持参下さい。
申込方法:申込書に必要事項を記入の上、FAXで申込み下さい。
     申込書20200130.pdf
定員:100名(定員になり次第、締切り)
申込み・問合せ:(一財)経済調査会 四国支部
        TEL 087-821-4074
        FAX 087-821-6241
  https://seminar.zai-keicho.or.jp/seminar/detail/index/206/2

主催:一般財団法人 経済調査会
後援:一般社団法人 香川県建築士会


 

「首里城再建支援金」沖縄県建築士会

「首里城再建支援金」
支援金専用口座を開設いたしました。
口座開設期間 令和元年11月19日~令和2年3月20日
・会員皆様並びに関係各位からの御寄付をお待ちしております。寄付者名簿(金額掲載なし)を作成し、ホームページで公開いたします。
・建築士会本部事務局へ現金をお持ちいただいても結構です。
・募った支援金は、沖縄県や関係機関、団体に委ねて再建に活用してもらう予定です。

琉球銀行 本店201 普通預金 1279962
口座名 首里城再建支援金 沖縄県建築士会 会長 西里幸二
(注)支援金の入金に係る琉球銀行各支店窓口の振込手数料は免除されています。
(※ATMの場合は手数料が発生します。)

ゆうちょ銀行 店番708 普通預金 1946393
口座名 公益社団法人沖縄県建築士会
(注)ゆうちょ銀行ATMにおける月1回の振込について手数料無料
(※郵便局窓口、他行からの振込(ATM含む)の場合は手数料が発生します。)

http://www.kenchikushikai.or.jp/

香川県建築士会細則第2条(会費及び入会金)の改正について

令和元年度通常総会(令和元年5月21日開催)において、香川県建築士会細則第2条(会費及び入会金)の改正が満場一致で承認されました。会員の皆様には、建築士会の厳しい状況をご理解頂き、誠にありがとうございます。

改正後は、正会員の会費が18,000円、準会員が15,000円となり、令和2年度会費から改正されます。ただし新入会員については、入会後2年間は3,000円を免除し、15,000円とし、入会時の翌月から月割りで納入するものとします。80歳以上の会員については、入会年数に関わらず、会費が半額となります。

入会金は2,000円から5,000円に改正しますが、会員増強キャンペーン期間等を設けて入会金を無料にし、入会促進につなげていきます。

今後も会員増強対策を講じながら、各委員会・各支部のより活発な活動に取り組んでまいります。会員の皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。なお、これまでの経緯については2019年1月の記事をご覧下さい。
http://kagawakenchikushikai.com/info/2019/01/post-170.html

第2条改正.pdf

2-20190521.jpg

香川県立ミュージアムからワークショップ「居場所を作る」のご案内

香川県立ミュージアムからワークショップの案内が届きました。
募集が先着10組(1組5名まで)となっていますので、
ぜひ、早めにお申込み下さい。

東京藝術大学 ☓ 「日本建築の自画像」展
ワークショップ
「居場所を作る」
~内面から建築することを意識する~

日時:2019年11月30日(土)~12月1日(日)
    2日間 両日とも10:00~12:00
講師:東京芸術大学 西村 雄輔 准教授 
   東京芸術大学 横尾 拓郎 研究助手
参加費:無料
詳細・申込み:香川県立ミュージアムHPをご覧下さい。
https://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/geidai.html

20191115101859.jpg

 

建築士法の改正(施行日:令和2年3月1日)に伴う建築士試験制度、免許登録制度の改正について

建築士法の改正(施行日:令和2年3月1日)に伴う建築士試験制度、免許登録制度の改正について 
新しい建築士制度.pdf

1.建築士試験の受験資格の見直し

建築士法の改正により、令和2年3月1日以降、建築士試験を受験する際の要件であった実務の経験について、免許登録の際の要件に改められ、原則として、試験の前後に関わらず、免許登録の際までに積んでいれば良いこととなりました(実務経験のみで二級・木造建築士試験を受験する場合などを除く)。


2.建築士資格に係る実務経験の対象実務の見直し

また、建築士法の改正に併せて、建築士資格に係る実務経験の対象実務(令和2年3月1日以降の実務)が見直されます。
 対象実務の具体例は下記の「建築士資格に係る実務経験の対象実務の例示リスト」をご確認ください。
(注意)今回の見直しにより追加された実務を施行日(令和2年3月1日)前に行っていたとしても、実務経験としてカウントできません。施行日(令和2年3月1日)以降に行われた実務から実務経験年数にカウントされます。

【公益社団法人 日本建築士会連合会(中央指定登録機関)HP】
http://www.kenchikushikai.or.jp/touroku/#info01


建築士事務所の図書保存の制度の見直しについて

全ての建築物について、配置図、各階平面図、二面以上の立面図、二面以上の断面図、基礎伏図、各階床伏図、小屋伏図、構造詳細図、構造計算書等(※)、工事監理報告書の保存を義務づけることとしました。

建築士事務所の図書保存.pdf