facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

本部からのお知らせ

年会費の見直しについて

平成30年12月5日開催の第5回理事会において、年会費の見直しについて、事務局・専務理事より説明がありました。

総務委員会及び運営役員会で検討してきた経過と内容を報告し、会費値上げの必要性・会費の動向・他県の会費の値上げの状況等(資料1~13を参照)について協議しました。
資料1~13.pdf
将来の会員数の減少、経営収支の状況を考え、総収入の半額は会費で賄いたいこと、現在は事業収入に頼っており、収入が不安定であることなどをご理解いただきました。

2020年からの年会費の値上げを検討するにあたり、会員の皆様のご意見を頂きたいと思います。

資料をご覧の上、2月28日(木)までにメールまたはFAXにてお寄せ下さい。
 FAX 087-833-5394
 メール kenchikushi-kagawa@nifty.com

kaihi-minaosi.jpg


三次元(BIM)活用実践事例発表会の報告

11月10日(土)坂出市の休暇村讃岐五色台にて『先進三次元研究会-香川例会-』が開催されました。主催は任意団体の先進三次元研究会ですが、一般社団法人香川県建築士会の共催をいただき、北は北海道、南は大分県からのなど、多くの参加者があり盛大な例会となりました。内容は建築設計などにおける三次元の活用で、BIMへの取り組みを中心に、三次元の可能性を追求する先進的な事例も紹介され、大いに刺激を受ける発表もありました。香川県からは長尾氏と正木氏の2名の発表もあり、香川県でもBIM活用が進んでいる現状も垣間見ることが出来ました。

先進三次元研究会は1998年に結成され、今回の例会は20年の節目となる例会でした。当時の全国の建築士会青年委員会を中心とした有志が集まって結成された団体で、年に一度程度、開催地を変え事例発表を中心とした意見交換会を開催しているそうです。香川県においても横のつながりを整え、どんどん情報発信していける環境が整えられるといいなって感じました。
今例会の発表を今後の業務に取り入れ、力に変えていかなければいけないなと思いました。

BIM201811.jpg

先進三次元研究会 
会長 池田 裕美
 

不動産の取引価格情報提供制度【国土交通省】

不動産の取引価格情報提供制度とは、誰もが安心して不動産の取引を行えるように、数多くの取引価格情報をアンケートにより収集し、個人情報保護に留意しながらインターネットを活用して提供する、国の制度です。
      クリック
        ↓


http://www.land.mlit.go.jp/webland/


20180921142823-001.jpg

20180921142823-002.jpg


香川県福祉のまちづくり条例 施設整備マニュアル「四訂版」無料配付

香川県福祉のまちづくり条例 施設整備マニュアル「四訂版」は無料で配付することになりました!
事務局にお寄り下さい。

三訂版が発刊され7年余り経過し、平成29年3月までの規則改正に合わせ、今回施設整備マニュアルの四訂版を発刊致しました。この施設マニュアルは、整備基準の内容について、設計、工事監理、施工等に携わる建築・土木関係者をはじめ広く県民の理解と積極的な協力を頂けるよう作成したものです。施設を整備するに当たり、必要となる様々な配慮事項について、図解を含めて判りやすく解説しています。また、今後の社会的目標として、より高い整備基準を示す、「より望ましい基準」も参考のために掲載しています。



seibi2017.jpg

建築物の既存の塀の安全点検について【国土交通省】

国土交通省より既存の塀の安全点検について
http://www.mlit.go.jp/report/press/house05_hh_000731.html

国土交通省作成チェックポイント
180621_001.jpg

180621_002.jpg

BACK