facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報

本部からのお知らせ

年会費の見直しについて、頂いたご意見

2月28日までに頂いたご意見について、3月12日の総務委員会で検討いたしました。
内容は以下の通りです。

年会費の見直し Q&A

Q:年会費の金額ですが、今の段階では15,000円までの値上げで抑えることができないでしょうか?
A:今後、10年間は値上げをしないという前提で見直ししています。会員数の減少、建築士試験の合格者の減少などから、会員数が増えることは期待できません。事業収入は委託事業の有無で大きく変動することなどから、18,000円という金額を提示しております。何卒、ご理解の程お願い申し上げます。

Q:士会の年間収入が何に支出されているか、知る機会が少なすぎるため、何に使われたか、どの部分が自分のメリットになっているか考える機会が少ない。
A:収支報告や活動報告としてその都度、理事会議事録・通常総会資料を会報誌「さぬき建築人」に同封しておりますが、今回、ホームページに「年会費の見直し」として、資料1~13を添付しました。香川県建築士会は「会員の協力によって、建築士の業務の進歩・改善と建築士の品位の向上を図り、香川の建築文化の発展につなげること」を目的としています。個人の利益ではなく、建築士の立場を守っていくことが結果としてメリットにつながっています。

Q:黒字状況のなか、何をする目的のための値上げか見えない、明確化して欲しい。
A:繰り返しになりますが、現在は事業収入があるので、ギリギリ黒字となっています。ただし今の委託業務がずっと続くわけではありません。単年事業も多くあります。保有財産・資産が少ない中、2022年に70周年を迎え、2026年には全国大会香川大会が控えています。このままでは持ちこたえられないのです。

Q:支出削減できるところがないか見直しをして欲しい。
①    会報誌は夫婦や親子での会員や同住所で複数の会員がいる場合は会報誌を1冊にできないか?
A:今回の見直しに、家族割引の導入を検討しています。割引率は未定です。

②    連合会誌「建築士」はネットで見られるようにし、冊子での配付をやめれば経費削減になるのではないか?ほとんど見ない、保管場所に困る。
A:会費=会報誌の購読料ではありません。手元にあって、すぐ見られるのが会報誌です。ぜひ開いて読んで下さい。

③    日帰りバスツアーなど参加費が安すぎる。支部予算などで補助になっているのだと思うが参加費を少し上げて支部予算を節約することもできるのではないか?
A:日帰りバスツアーは支部行事の一つで、会員の親睦・交流をはかるものです。参加しやすいように、参加費を安くしていますが、今後検討したいと思います。

④    事業内容を見直し、予算配分を再検討してみることも必要ではないか?(参加者が集まらない事業を見直すなど)
A:見直しは常時必要と考えて予算と実績等を考慮して配分しています。支部への予算配分については会員数等により配分率を変えています。
なぜ参加者が集まらないのか、どうすれば魅力的な事業となるのか、ご意見を頂きたいと思います。

Q:士会に入るメリットが分かりづらいので、もっと明確化してアピールすべき。会員割引になる講習を増やすなど、非会員との差別を明確化して欲しい。定期講習は民間講習機関より受講料が高い上に受講者数が多いのは改善して欲しい。
A:講習案内チラシには会員と会員外の受講料を明記しています。定期講習は法定講習であり、会員と会員外の受講料を変えることは出来ません。民間講習機関はDVD講習で少人数制で開催していますが、建築士会では対面講習を基本としています。今後はDVD講習も増やす方向で検討します。

Q:若年層へ入会を勧める。免許をとる前の学生にもアピールする。20代は入会2年間を半額とする等の特典を設ける。
A:建築科のある高校で各支部青年部会が座談会を毎年開催しています。年会費には学生会費の設定があり、8,000円となっています。20代への特典は今後検討したいと思います。

Q:割引きの工夫はできないか?
①    銀行引落とし割引はできないか?
A:検討したいと思います。

②    同会社で複数入会の場合は、一定数以上は割引する
A:会社割引は考えていません。転職も多く、年度途中の退社など、対応できません。

③    夫婦・親子会員の割引
A:今回の見直しの中で、家族割引の導入を考えています。


青年委員会からは値上げ対する対策案を取りまとめて頂きました。

案.定期講習・監理技術者講習の無料化
A.どちらも法定講習であり、指定講習機関が国の認定を得ているため、無料・値引はできません。

案.講習時に弁当・お茶の無料提供はできないか
A.会員全員が受講対象ではないので、公平性に欠ける。

案.情報提供を積極的にして欲しい
A.会報誌「さぬき建築人」及びホームページで情報を発信しています。建築士の繋がりを強めて、友人と参加して頂くことでメリットになると思います。

案.施設見学会の充実
案.連合会誌「建築士」を一般の人にも見てもらうようにする(図書館等に置いてもらう)
案.建築士会会員のみ安く利用できる施設があればよい。
案.講習会受講料の割引
A.建築士会主催の講習は、必ず会員と一般で受講料に差をつけています。

案.支部においては、会員減少が著しいので、支部ごとの事業が年々、参加者減少、事業のための会員負担が大きくなっています。支部共同の事業をするなど、事業の見直し、統廃合をおこない、支部間の連携強化もあわせて図りたい。
A.現状の支部でも参加者が減少している中で、統廃合すれば知らない人が増え、事業は益々衰退すると思われます。

案.建築士会として全国と合併をすると一律とすることが可能なのではないかと考えます。
A.各都道府県の上部団体として日本建築士会連合会があります。

案.一般では行けないような建物を見学できればいいと思います。
案.賞金付きの簡易なアイデアコンペを増やす。
案.値上げとなって退会する人は、事業等に参加してメリットを感じていない方だと思うので、会員全員にどんな事業なら参加したいかというアンケートを取ってみたらよいのではないか。
案.建築書籍の割引や定期講習割引など業務に必ず必要な物を購入する時や資格更新時にメリットとなる事が良いのではないかと思います。若い世代を対象とすると、資格学校の授業料割引なども良いかと思います。また、建築士賠償責任保証制度加入時の割引なども良いかと思います。
A.書籍・契約約款等、会員は1割引きで販売しています。
  定期講習は法定講習なので、割引できません。
  資格学校の授業料割引はわかりませんが、総合資格学院で勉強して合格すると、建築士会に入会する場合、初年度の年会費を支払ってくれます。
  建築士賠償責任保証制度は会員でないと入れません。


案.活動に参加してくれるような魅力的な活動内容を充実させていく。
案.積極的に参加してくれてる人向けには、会員相互交流・慰労等を兼ねた形での親睦会(県内とかで1泊する感じ:例 キャンプ、温泉)を開催、あまり参加していない人向けには、講習会の若干の割引きとかCPDの割り増し等の特典をつけてはどうでしょうか。
A.建築士会主催の講習は、必ず会員と一般で受講料に差をつけています。
  CPDはプログラム審査会があり、割り増しは出来ません。


案.イベントなどの利益を分配する、名建築をめぐる旅の旅行券でキャッシュバック
A.イベントで利益はありません。旅行券ではありませんが、「さぬき建築人」のクイズコーナーにおいて、抽選で賞品が当たります。

案.今、行っている事業ついて、普段、参加しない人に対して積極的にアピールすること。(そもそも建築士会が「何を行っているのか」も分からないようでは会費を納める価値が無いので)
A.会費が何に使っているか、積極的に会報・HPを見て欲しいです。

案.建築士会は仲間が出来る事がメリットだと思っているので、家族ぐるみで参加できる建築士ならではの思考を凝らしたBBQや餅つきなどのイベントはどうか?
案.大工の掘っ立てという言葉があるように、建築士だからといって耐震化されている家には住んでいないと思うので、実際に誰かの家を使って耐震化のシミュレーションをして、実物を経験して課題と施工法を学ぶ講習会はどうか?
案.中讃支部が行なっているような、商店街と連動したイベントをする事で、空き家対策と社会への貢献度をアピールする。
案.若い人(20代~30代)の年会費を最初(1年くらい)は無料にしてその期間、行事などに積極的にさそう。無料にする替わりに色々参加しようよ、という感じ。
案.士会会員同士で中古の本(建築雑誌など)や道具を安く譲りあったり、貸し借りする。






2018年第9回 建築甲子園 審査結果の発表

第9回を迎えた「建築甲子園」は昨年10月22日に香川県予選会が行われ、3点の応募作品の中から坂出工業高等学校の「前を向いて遺産をみる」が選出されました。今年度は初の試みとして全国選手権大会の一次審査でベスト8に残った作品については映像プレゼンテーションを提出してもらい、パネルと動画プレゼンで最終審査が行われることになりました。坂出工業高等学校はみごと全国34点の応募の中から最終審査まで進み、ベスト8入賞となりました。平成31年1月22日に遠藤会長と天野事務局長が学校を訪問し、ベスト8の表彰伝達式を行いました。おめでとうございました!

sakaide02.jpg


sakaide-sakuhin.jpg

全国大会の結果発表は、日本建築士会連合会HPからご覧ください。
http://www.kenchikushikai.or.jp/torikumi/kenchiku-koshien/2018/kenchiku-koshien-kekka.html

年会費の見直しについて

平成30年12月5日開催の第5回理事会において、年会費の見直しについて、事務局・専務理事より説明がありました。

総務委員会及び運営役員会で検討してきた経過と内容を報告し、会費値上げの必要性・会費の動向・他県の会費の値上げの状況等(資料1~13を参照)について協議しました。
資料1~13.pdf
将来の会員数の減少、経営収支の状況を考え、総収入の半額は会費で賄いたいこと、現在は事業収入に頼っており、収入が不安定であることなどをご理解いただきました。

2020年からの年会費の値上げを検討するにあたり、会員の皆様のご意見を頂きたいと思います。

資料をご覧の上、2月28日(木)までにメールまたはFAXにてお寄せ下さい。
 FAX 087-833-5394
 メール kenchikushi-kagawa@nifty.com

kaihi-minaosi.jpg


三次元(BIM)活用実践事例発表会の報告

11月10日(土)坂出市の休暇村讃岐五色台にて『先進三次元研究会-香川例会-』が開催されました。主催は任意団体の先進三次元研究会ですが、一般社団法人香川県建築士会の共催をいただき、北は北海道、南は大分県からのなど、多くの参加者があり盛大な例会となりました。内容は建築設計などにおける三次元の活用で、BIMへの取り組みを中心に、三次元の可能性を追求する先進的な事例も紹介され、大いに刺激を受ける発表もありました。香川県からは長尾氏と正木氏の2名の発表もあり、香川県でもBIM活用が進んでいる現状も垣間見ることが出来ました。

先進三次元研究会は1998年に結成され、今回の例会は20年の節目となる例会でした。当時の全国の建築士会青年委員会を中心とした有志が集まって結成された団体で、年に一度程度、開催地を変え事例発表を中心とした意見交換会を開催しているそうです。香川県においても横のつながりを整え、どんどん情報発信していける環境が整えられるといいなって感じました。
今例会の発表を今後の業務に取り入れ、力に変えていかなければいけないなと思いました。

BIM201811.jpg

先進三次元研究会 
会長 池田 裕美
 

不動産の取引価格情報提供制度【国土交通省】

不動産の取引価格情報提供制度とは、誰もが安心して不動産の取引を行えるように、数多くの取引価格情報をアンケートにより収集し、個人情報保護に留意しながらインターネットを活用して提供する、国の制度です。
      クリック
        ↓


http://www.land.mlit.go.jp/webland/


20180921142823-001.jpg

20180921142823-002.jpg


BACK