建築士会とは

建築士とは

 建築士は、建築士法に定められた資格で、建物の設計・工事監理・施工管理及び建築行政に携わる「建築のプロフェッショナル」です。国家(知事)試験により、国や都道府県から与えられた資格です。

 建築士は1級建築士・2級建築士・木造建築士・構造設計一級建築士・設備設計一級建築士と5つの資格に分けられており、建物の規模・用途・構造に応じてその業務範囲が決められています。

香川県建築士会とは

香川県建築士会とは「会員みんなの協力によって、建築士の業務の進歩・改善と建築士の品位の向上を図り、香川の建築文化の発展につなげること」を目的として設立された公益法人で、建築士法第22条の2によって認められた「建築のプロフェッショナル」たちによる団体 であります。設計者・施工者・建築関係者・行政職員・教員等、幅広い分野のプロが集まり、それぞれの分野の立場から「建築物」の質を高め、より安全で、より快適な住環境を提供する専門家達による、唯一の資格者団体です。

平成28・29年度 役員名簿.pdf

組織図.pdf

かがわ建築士2017 巻頭言

一般社団法人香川県建築士会
会長 遠藤 孝司

この「かがわ建築士」は毎年総会時に発行しています。その年に竣工した会員の作品記録でもあります。建築士会の平成28年度の特筆すべき事項も記録としてここに留め、今年度の取り組みに繋げたいと思います。

特筆すべきは、平成28年4月14日、16日と二度の震度7の熊本地震がありました。この時期、事務局は通常通り、年度最初の理事会と5月の総会開催の準備をしていました。全国の行政による応急危険度判定活動が4月17日より開始されました。香川士会はすぐに近県士会の状況把握と香川県と民間判定士の派遣に関する協議を始めました。

民間の判定士の派遣要請が日本建築防災協会より県経由で有り、浜田知事の派遣要請により、4月28日から5月2日の間で活動しました。事務局は移動の手段・経路、宿泊場所、車両の手配など、現地熊本での宿泊が不能であり、地理的感覚もなく、手探りで手配するのが大変でした。香川士会としては10名の派遣でしたが、要請に応じていただいた会員80数名の方々には連休の最中なのにお手数をかけ感謝の気持ちです。今後、いつ・どこで起きるか分らない災害について、香川県とも協議し、香川士会として減災活動に努めてまいります。

空き家対策も全国的な課題となりました。建築士会に於いても、香川県より「空き家バンク」への相談・現地調査業務を受託し、市・町への技術支援、所有者に必要な助言を行っています。「長期優良住宅化リフォーム推進事業」のガイドラインに基づく、「インスペクター」の養成講習会を開催し、県内で120余名の「インスペクター」が誕生しています。

尚、国交省では新制度の導入として、「インスペクター」制度とは別物で新たに「既存住宅状況調査技術者」を養成し、宅地建物取引業法を改正し、中古住宅市場の活性化を図ります。法律は平成28年に成立し、平成29年2月3日に大臣告示がでました。平成30年4月より施行になります。新たな「既存住宅状況調査技術者」の資格は、国の定めた講習を受けた「建築士」に与えられます。告示で定められた調査方法で調査し、「宅建業法」の重要事項説明に活用される事になります。専門家による建物状況調査の活用を促すことで、売主・買主が安心して取引が出来て市場環境が整備されることになります。建築士会では平成30年4月の法施行日に向け、今年度は国の定めた講習会を開催する事になります。

さて、平成29年12月8日には屈指の観光都市「京都」で全国大会が開催されます。多くの皆様の参加をお待ちいたします。

今年度も建築士試験・建築士の定期講習・監理技術者講習・空き家登録事務等継続して実施し、各支部では研修会などを通じて良き仲間と地域への活動をしています。会員の技術研鑽・社会的貢献を目指し、他団体のご協力も得ながら今年度も運営してまいります。会員・賛助会員の皆様のご理解とご協力をお願いします。

    平成29年5月18日

facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習