建築士会とは

建築士とは

 建築士は、建築士法に定められた資格で、建物の設計・工事監理・施工管理及び建築行政に携わる「建築のプロフェッショナル」です。国家(知事)試験により、国や都道府県から与えられた資格です。

 建築士は1級建築士・2級建築士・木造建築士・構造設計一級建築士・設備設計一級建築士と5つの資格に分けられており、建物の規模・用途・構造に応じてその業務範囲が決められています。

香川県建築士会とは

香川県建築士会とは「会員みんなの協力によって、建築士の業務の進歩・改善と建築士の品位の向上を図り、香川の建築文化の発展につなげること」を目的として設立された公益法人で、建築士法第22条の2によって認められた「建築のプロフェッショナル」たちによる団体 であります。設計者・施工者・建築関係者・行政職員・教員等、幅広い分野のプロが集まり、それぞれの分野の立場から「建築物」の質を高め、より安全で、より快適な住環境を提供する専門家達による、唯一の資格者団体です。

令和2・3年度 役員名簿.pdf

組織図.pdf

かがわ建築士2020 巻頭言

一般社団法人香川県建築士会
会長 遠藤 孝司

毎年総会時に発行される「かがわ建築士」は、その年に竣工した会員の作品記録でもあります。2019年度(令和元年度)の特筆すべき出来事も併せて記録として留め、令和2年度の取組に繋げたいと思います。

相変わらず、災害の多い日本列島でした。令和元年5月に千葉南部で5弱、6月には山形(酒田)で6弱、今年3月にも輪島で5強と揺れました。秋には、関東・福島地方で台風15号・19号が9月~10月に掛け来襲し、箱根など関東・東北の広域的に甚大な被害がでました。

一級建築士の設計製図試験日(10月13日)に台風19号が来襲、関東甲信越、東北ブロック等は交通機関も止まり、試験の実施が出来なくなり、12月に再試験という初めての経験をしました。

2020年(令和2年)を迎え、年度末に新型コロナウィルスが蔓延、安倍首相は3月2日から全国の小・中・高校の臨時休校を要請し、感染防止の為、全力を挙げる声明を出しました。春の選抜高校野球大会も中止となり、WHOはパンデミックな状態になったと声明、オリンピックの開催の事も有り、日本国中、騒がしい事になっています。

明るい事として、年号が2019年5月1日に「令和」に替わりました。無事に天皇陛下が即位され、秋の豪雨災害の為、延期になっていた祝賀パレードも国民の期待に寄せ好天にも恵まれた事も有り、祝賀一色で収まりました。

今年、令和2年3月1日から、新しい建築士制度がスタートします。建築士試験の受験資格を見直し、受験する際の条件であった「実務経験」を試験の後でも可とし、学科・設計製図試験を受験し、合格後、建築士の登録時に「実務経験」を求める事に改訂しました。

例えば指定された科目を履修し、大学を卒業された方は一級建築士を受験する場合、実務の経験がなくとも一級建築士の受験が可能になりました。大学卒業後の建築実務が2年に達した時、申請により一級建築士としての登録が可能となり、晴れて「一級建築士」としてデビューする事になります。

二級建築士・木造建築士も同様に、指定された教育機関で科目を履修された方は実務経験がなくとも受験できます。二級建築士の受験資格で7年実務の方は今までと変更は有りません。

もう一点は、実務経験の対象とされる業務が平成17年の「姉歯事件」以来、厳しく選定されてきましたが、対象実務業務も見直しされ、拡大しました。建築教育・研究開発・建築行政・建築物の調査・検査業務等が含まれます。拡大された訳ですが、一方、「実務経験」審査の厳格化も求められています。

今年度から一級建築士の登録事務は日本建築士会連合会が担う事になり、実務経験の審査も各単位会で行う事になります。連合会では実務経験審査を、全国的に同基準で適切に運用する為には、実務経験審査を担う主体の連絡調整が不可欠であるとし、このため、実務経験審査をはじめとする登録事務等を円滑に推進する事を目的として「建築士登録機関等連絡協議会(仮称)」が設立されます。設立総会・役員の選任が、今年6月の連合会総会と同時に行う事として予定しています。

この一年間、連合会では「建築士免許登録体制検討委員会」を立ち上げて、国交省と共に、この法律の制度設計を検討してきました。天野専務理事には中四国ブロックの代表として出席して頂きました。ご苦労様でした。今年の資格試験の合格発表が12月ですので、令和3年の初頭から実務経験審査が各建築士会で始まります。

受験生の皆さんは、ご自分の実務経験項目を第三者の立場で証明してもらえる方が必要になります。ご自身の生活の糧である業務の記録を詳細に渡り審査されますので、これまで以上に自身の履歴を記録し、大切にしてください。香川県建築士会として、登録事務がスムーズに運用される事を願うと共に、一層の社会的責任を感じます。これから、建築業務を目指す若者たちに期待し、応援したいと考えています。会員・賛助会員の皆様のご理解とご協力もお願いします。

       令和2年5月18日

facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

建築士法第22条の2に基づく建築士定期講習

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

既存住宅状況調査技術者情報