facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

かがわ木造塾

丹波篠山勉強会に参加して 

集落丸山では、古民家を使った一棟貸しの宿泊施設を見学させてもらいました。
建物そのものの魅力を消すことなく、居心地の良い室内空間で大人がゆったりできるそんな空間になっていました。同じように古民家を改修したイタリア料理店も、たくさんのお客さんで賑わっていました。
最近では、集落へ戻ってこられる方も増えてきているそうです。

集落丸山では、行政の力を借りずにLLP(有限責任事業組合)という仕組みで管理運営されているそうです。
日々の仕事や生活に追われる毎日からひと時でも解放される・・・そんな空気が流れている集落でした。

sasayama01.jpg

sasayama02.jpg

篠山城を中心にした城下町「篠山」と西京街道沿いの宿場町「福住」
篠山には妻入りの商家群と武家屋敷地区。
篠山地区は年間予算を決め4〜5棟程の改修を毎年行なっているそうです。
10年の時を経て、約40~50棟の改修が進み観光地として立派に機能していました。

fukuju01.jpg

fukuju02.jpg

fukuju03.jpg

福住は現在の主要道路から一本入った場所にあり宿場町、農家住宅が広範囲にわたり残されています。
中にはイタリア料理店に改修されていたり宿泊体験ができる施設になっていたりしていました。
街並みを整えるための様々な取り決め等の積み重ねが今の状態を作っている。
また時間をとってのんびりと散策したいと思います。

翌日、丹波にて製材加工の見学と木材流通の勉強をしました。
材木市場から製材所そして工務店という流れでは大元の山主さんに還元されていないため山主さんも何もできない・・・
その事自体がおかしいとウッズの能口さんは教えてくれました。

tanba01.jpg

僕も身近なところで、国産材より輸入材の方が安く提供できるという現実にぶつかりました。おかしいと思います。
地元で成長し風土にあった木材より遠く離れた国からやってくる木材が安い・・・
由々しき事態だと思います。
材木屋さん、製材所、山主さん、みんなを本来の姿に戻していく必要があると思います。
ウッズさんでは実際の木材を使いどのようにすれば効率のよい材料取りができるのか実際に加工しているところを見学させてもらいました。

tanba02.jpg

tanba03.jpg

tanba04.jpg

二日間の見学でしたが、地域の魅力発信から木材に至るまでとても内容の濃いものでした。

香川でも空き家の問題に直面しています、篠山・福住・丸山のように地域の魅力を再発見して上手に発信できればと思いました。木材についても、県産材の活用とまで言わなくても地域材(四国)・国産材の利用をもっと見つめ直す必要があると思います。アメリカ トランプ新大統領ではありませんが、もう少し日本第一主義でやれることがあると思った二日間でした。

tannbasasayama.jpg


(長尾賢建築設計事務所   長尾賢)




BACK

NEXT