facebook
一般社団法人 香川県建築士会
〒760-0018
香川県高松市天神前6-34 2F
Tel:087-833-5377
Fax:087-833-5394

信頼できる建築士を探せるサイト 専攻建築士検索システム

CPD情報システム

監理技術者講習

かがわ木造塾

「木造ねほりはほり/実例勉強会」第4回 講師:(株)菅組

県内で活躍する「さぬき建築人」の実際の仕事を題材に、設計の考えかたや施工の工夫、苦労話など実例を詳しく聞いて学ぶ場です。ワイワイ楽しく交流しながら、明日からの実務に役立つ知識の習得を目指します。

三豊市仁尾町に本社を構える菅組は、地域産材を積極的に活用した住宅を提供している工務店です。香川県建築士会においても優秀賞を受賞するなど、数多くの良質な作品を発表されています。今回の「木造ねほりはほり」では、菅組の設計担当者である、願化氏と小野氏をお招きし、設計におけるプロセスなどを説明いただき、ねほりはほり聞いてみましょう。

nehori01.jpg

nehori02.jpg

日時:平成29年10月18日(水)19:00~21:00
講師:株式会社菅組 願化 潤 氏、小野 学 氏
会場:高松市太田コミュニティセンター和室
(高松市伏石町2071-16:駐車場有)
参加費:500円(お菓子+お茶付き)

申込先:かがわ木造塾事務局(川口洋子建築設計内)
   E-mail:bxc04562@nifty.com
TEL:087-897-4020 FAX:087-897-4021 

ステップアップ講座 温熱道場

かがわ木造塾ステップアップ講座は、これまでの講座で培った知識を実践の場で活かすためのスキルを身に付ける勉強会です。本年度の温熱道場は、省エネ計算の基本となる断熱外皮計算(UA値/Q値)と日射熱取得計算(ηA値/μ値)を行います。電卓を使った手計算で、数字の意味を確認しながら計算方法を身に付ける勉強会です。意味が分かると計算も楽しくなります。省エネ計算に苦手意識を持っている方もお気軽にご参加ください。

step01.jpg

step02.jpg

日時:平成29年11月1日(水)、15日(水)、22日(水)
計3回 いずれも19:00~21:00
場所:香川県青年センター 2階和室
(〒769-0102 高松市国分寺町国分1009)
講師:水の葉設計社 中野 弘嗣
参加費:500円/回 (※かがわ木造塾年会員は無料) 

申込先:かがわ木造塾事務局(川口洋子建築設計内)
E-mail :bxc04562@nifty.com
TEL:087-897-4020   FAX:087-897-4021
氏名、年齢、勤務先(学校名)、連絡先をお知らせください。

2017かがわ木造塾/9月講座「木を木として使う」手塚 貴晴


**********************************

2017かがわ木造塾/9月講座

講師:建築家 (株)手塚建築研究所代表/手塚 貴晴

**********************************

「木を木として使う」

**********************************

2017_09_02_tezuka431.jpg

■NHKの「プロフェッショナル/仕事の流儀」や雑誌・著作など、多くのマスコミでも紹介された、楕円形の屋根で子供が遊ぶ"ふじようちえん"や家の中からの開放的な眺めと居住性の絶妙なバランスを追求した住宅など、その建築手法が常に注目を集め続けている建築家/手塚貴晴先生を迎え、木の建築の可能性をお話しいただきます。是非、ご参加ください。(かがわ木造塾/小松)

**********************************


●講師コメント

木の面白味は木を木として使用した時に発揮されます。木は単なる仕上げでもなく、鉄に代わる環境配慮の為のメッセージでもありません。木には鉄骨やコンクリートでは決して達成することのできない可能性があるのです。その木の特質とはなんであるのか、木を使うことで建築がどう飛躍するのかということについて語りたいと思います。

●講師プロフィール

手塚建築研究所共同主宰。東京都市大学教授。受賞歴:吉岡賞、日本建築学会賞、日本建築家協会賞、グッドデザイン金賞、日本建築家協会優秀建築賞など多数。


**********************************

・講師:建築家 (株)手塚建築研究所代表/手塚 貴晴

・日時:2017/9/2(土)13:30~17:00

・会場:大西・アオイ記念館/会議室・・・高松市上林町148(駐車場あり)

・受講料:5,000円(単講座)

・申込先:かがわ木造塾事務局(川口洋子建築設計内)

TEL:087-897-4020、FAX:087-897-4021、メール:bxc04562@nifty.com

**********************************

2017_09_02_tezuka432.jpg

かがわ木造塾 2017新企画! 「木造ねほりはほり/実例勉強会」

**********************************
 
かがわ木造塾 2017新企画!
「木造ねほりはほり/実例勉強会」
 
**********************************
 
 *明日から役立つ!!「さぬき建築人」のお仕事拝見*
 
**********************************
 
■かがわ木造塾では本年度の新企画として、県内で活躍する「さぬき建築人」の実際の仕事について、設計の考えかたや施工の工夫、苦労話など実戦的な取り組みを詳しく聞いて学ぶ場を設けます。ワイワイ楽しく交流しながら、明日からの実務に役立つ知識の習得を目指します。是非多数のご参加をお待ちしています。
 
■第一弾は言い出しっぺの私が担当します。塩江でおこなった、住宅の断熱・省エネ・耐震+バリアフリー改修工事について、上手くいったこと失敗したこと全てお話しします。(小松)
 
**********************************
 
・講師:(有)小松秀行建築工房/小松 秀行
・日時:2017/6/14(水)19:00~21:00
・会場:高松市太田コミュニティセンター/和室/高松市伏石町2071-16(駐車場あり)
・参加費:500円(お菓子+お茶付き)
・申込先:かがわ木造塾事務局(川口洋子建築設計内)
  TEL:087-897-4020、FAX:087-897-4021、メール:bxc04562@nifty.com
 
**********************************
2017_06_14_wood.jpg

丹波篠山勉強会に参加して 

集落丸山では、古民家を使った一棟貸しの宿泊施設を見学させてもらいました。
建物そのものの魅力を消すことなく、居心地の良い室内空間で大人がゆったりできるそんな空間になっていました。同じように古民家を改修したイタリア料理店も、たくさんのお客さんで賑わっていました。
最近では、集落へ戻ってこられる方も増えてきているそうです。

集落丸山では、行政の力を借りずにLLP(有限責任事業組合)という仕組みで管理運営されているそうです。
日々の仕事や生活に追われる毎日からひと時でも解放される・・・そんな空気が流れている集落でした。

sasayama01.jpg

sasayama02.jpg

篠山城を中心にした城下町「篠山」と西京街道沿いの宿場町「福住」
篠山には妻入りの商家群と武家屋敷地区。
篠山地区は年間予算を決め4〜5棟程の改修を毎年行なっているそうです。
10年の時を経て、約40~50棟の改修が進み観光地として立派に機能していました。

fukuju01.jpg

fukuju02.jpg

fukuju03.jpg

福住は現在の主要道路から一本入った場所にあり宿場町、農家住宅が広範囲にわたり残されています。
中にはイタリア料理店に改修されていたり宿泊体験ができる施設になっていたりしていました。
街並みを整えるための様々な取り決め等の積み重ねが今の状態を作っている。
また時間をとってのんびりと散策したいと思います。

翌日、丹波にて製材加工の見学と木材流通の勉強をしました。
材木市場から製材所そして工務店という流れでは大元の山主さんに還元されていないため山主さんも何もできない・・・
その事自体がおかしいとウッズの能口さんは教えてくれました。

tanba01.jpg

僕も身近なところで、国産材より輸入材の方が安く提供できるという現実にぶつかりました。おかしいと思います。
地元で成長し風土にあった木材より遠く離れた国からやってくる木材が安い・・・
由々しき事態だと思います。
材木屋さん、製材所、山主さん、みんなを本来の姿に戻していく必要があると思います。
ウッズさんでは実際の木材を使いどのようにすれば効率のよい材料取りができるのか実際に加工しているところを見学させてもらいました。

tanba02.jpg

tanba03.jpg

tanba04.jpg

二日間の見学でしたが、地域の魅力発信から木材に至るまでとても内容の濃いものでした。

香川でも空き家の問題に直面しています、篠山・福住・丸山のように地域の魅力を再発見して上手に発信できればと思いました。木材についても、県産材の活用とまで言わなくても地域材(四国)・国産材の利用をもっと見つめ直す必要があると思います。アメリカ トランプ新大統領ではありませんが、もう少し日本第一主義でやれることがあると思った二日間でした。

tannbasasayama.jpg


(長尾賢建築設計事務所   長尾賢)